So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

イタリア トスカーナへの旅 33(第5日目 塔の町サン・ジミニャーノへ行く ④) [海外@伊トスカーナ2016春]

bIMG_1428.JPG


塔の下の建物(ポポロ宮)は現在市庁舎となっていますが、その一部が市立美術館となっているので入ります。

入ってすぐの小部屋の壁面にはフレスコ画が描かれていました。

bIMG_1426.JPG

 

 bIMG_1427.JPGbIMG_1421.JPG

 

bIMG_1433.JPG

bIMG_1434.JPG

bIMG_1435.JPG

続きを読む


nice!(17)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イタリア トスカーナへの旅 32(第5日目 塔の町サン・ジミニャーノへ行く ③) [海外@伊トスカーナ2016春]

bIMG_1387.JPG

高さ54mのグロッサ(大きな)塔からは、サン・ジミニャーノの町が一望できるとのこと。
楽しみです[るんるん]


並んでいる時、少し高いところに上ると、屋根の向こうにトスカーナの大地が見えてきます。
外廊下の階段の壁面には絵が描かれていました。

bIMG_1384.JPG bIMG_1389.JPG

さぁ、入場です。
たわんだすり減った階段が塔の経てきた年月を感じさせてくれます。

bIMG_1390.JPG

 

上るにつれ、屋根が目線の下になっていきます。

bIMG_1391.JPGbIMG_1393.JPG

 


それでは、塔の上からの景色をお楽しみ下さい。

続きを読む


nice!(103)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イタリア トスカーナへの旅 31(第5日目 塔の町サン・ジミニャーノへ行く ②) [海外@伊トスカーナ2016春]

 bIMG_1347.JPG

 

城門を潜ってサン・ジミニャーノの町に入ります。
サン・ジョヴァンニ通りです。おぉ、道の向こう塔が見えます。
町のシンボルとなっている塔は、イタリア政府観光局のサイトによると、この町の中世封建時代の支配階級の家々が
自らの富や力の象徴として競って建て、最盛期には72本も塔が林立していていたそうですが、
現在も残っているのは14本とか。残念ながら今回その数を確認することはできませんでした。

細い道の両側にはお店が立ち並んでいて観光客で溢れています。
少し上り坂になっている道をずんずんと歩いていきます。


ふと脇道を見ると・・・洗濯物がぶら下がっています。生活感がたっぷり^^

bIMG_1350.JPG

向って左の家はファサードのあるお家ですね。
くっ付いている右隣の家の入口の上には紋章が。

bIMG_1351.JPG

この紋章な何の印なのか気になります。
羊さんかな。

bIMG_1352.JPG



路地の向こう、城壁に囲まれた先にはトスカーナの大地が広がっています。

bIMG_1353.JPG


最初に見えた塔が近づいてきました。
もう一本見えてきました。

 bIMG_1356.JPG

こちらにも。

bIMG_1357.JPG

お肉屋さん、ハムとかソーセージ、サラミのお店ですね。
お店の前には豚さん?猪さん?剥製っぽかったです。

bIMG_1359.JPG

う~ん、まるで中世にタイムスリップしたみたいな雰囲気です。
実は手前にマンホールのような鉄の蓋があったのでトリミングしました(^^ゞ

bbIMG_1364.JPG

大空にそびえ立つ塔。

bIMG_1361.JPG


大きな門ですね。 (ベッチのアーチかな?)

bIMG_1362.JPG

 

続きを読む


nice!(118)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -