So-net無料ブログ作成
検索選択

フランス ミディ・ピレネー地方へ! その16(アルビⅨ ロートレック美術館) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_3107.JPG


そんなわけで、ひょっとしたら持つかもしれない?とは思ったのですが、
折角ここまで来てカメラのバッテリー切れを気にしながら写真を撮るのが嫌だったので、
ホテルに予備のバッテリーを取りに戻ることにしました。

その間姪っ子には、サント・セシル大聖堂の向かいというか隣にあるロートレック美術館で
時間を潰してもらうことにしました。

ポン・ヴュー橋を渡ります。

bIMG_3108.JPG 

 

ホテルへはショートカットの道を見つけたのでそこから入るとお庭になっていました。 

bIMG_3110.JPG 


手入れしているようなしていないような自然味溢れたお庭でしたが^^

bIMG_3112.JPG 


ホテルの庭からポン・ヴュー橋とサント・セシル大聖堂。

bIMG_3114.JPG 


部屋に戻りバッテリーをバッグに入れ(あぁ、これで安心)、再びポン・ヴュー橋を渡ります。 

bIMG_3118.JPG



ポン・ヴュー橋の上です。
車道の部分は後で舗装をしていると思われますが、
歩道となっている部分の石畳や欄干の煉瓦の積み具合をみると当時(11世紀)のままっ感じがします。

bIMG_3119.JPG 

 

bIMG_3121.JPG

姪っ子との待ち合わせの場所、トゥールーズ・ロートレック美術館です。

アルビはロートレックの生まれ故郷です。
この建物は13世紀建てられた司教館のベルビー宮で、
1922年から美術館となってロートレックの作品を中心に展示をいるとのこと。


bIMG_3123.JPG

 

bIMG_3124.JPG


ロートレック美術館に入ったところからサント・セシル大聖堂を見上げます。

bIMG_3126.JPG

待ち合わせの約束の時間よりも早く到着したので、私も入ってみることにしました。

旅行のガイドブックに庭園が綺麗だと書いてあったので、せめて庭園だけでも見ようと思ったのですが
入口が見つからず、結局美術館の中へ。

時間が無いので、ザーッと見ていきます。
ロートレックというとポスターのような絵しか知らなかったのですが、そればかりではなく、
他のタイプの絵も展示されていました。

かなり広い美術館でぐるぐるとまわっていたら、美術館の渡り廊下のようなところから
庭園を眺めることができました。きちっと刈り込まれたフランス式庭園ですね。 

bIMG_3128.JPG 

 

bIMG_3130.JPG 

 

この庭園を眺めた美術館の通路の天井は舟底型になっていて
そこには植物や鳥の絵が描かれていました。

bIMG_3133.JPG


美術館の中で姪っ子と遭遇。姪っ子はロートレックはあまり気が進まないと言っていたのですが、
ロートレック以外の絵もたくさんあったので思ったよりも楽しめたと言ってくれたので、
私としてはホッとしました。 


この後、バスに乗って空に浮かぶ城塞都市「コルド・シュル・シエル」に向かいます。
コルド・シュル・シエルとは、「空の上のコルド」という意味だそうです。

前日チェックしておいたバスターミナルへと行きます。 

bIMG_3136.JPG


長距離バスターミナルです。
この日は水曜日で学校の授業が午前中で終わるため、子供たちがいっぱい待っていました。
地方の路線バスはスクールバスも兼ねているところがほとんどなので、
ダイヤは学校のスケジュールに合わせていることが多いです。
 

 bIMG_3138.JPG


バスは定刻どおりに発車。 

bIMG_3139.JPG 


アルビの街を出ると、農業国フランスらしい田園風景が目の前に広がります。

bIMG_3143.JPG

 
これはたぶんぶどう畑でしょう。

bIMG_3144.JPG 

 

bIMG_3148.JPG 


ネットで検索したバスの時刻表によると、目的地へはアルビから大体30分位です。
バスは日本と同じようにボタンを押して降車を知らせるのですが、ボタンがどこにあるのかが分からず、
そろそろかなと思ったところで。姪っ子が運転手さんに教えてくれるようにお願いしてくれました。
こういう時は通訳がいると本当に助かります(^^ゞ
目的地のバス停に到着すると、同じバス停で降りる人が結構たくさんいて余計な心配だったようです。

 

マロニエかな?

bIMG_3150.JPG 

 

(2016年9月7日) 


nice!(110)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 110

コメント 30

okko

あら、1番乗り??
ご無沙汰していてごめんなさい。
石畳の道が町の古さを感じさせますね。
ロートレックの絵、好きですよ、こんな所に美術館があったのですね。
毎日、お天気に恵まれて、ホントによかったこと!
by okko (2017-03-21 16:23) 

ma2ma2

アメリカとか海外行くとバスの乗り口が逆なのが目新しく感じちゃいます!
葡萄畑はワインの葡萄ですね(^^)
by ma2ma2 (2017-03-21 17:42) 

hanamura

>姪っ子との待ち合わせ
写真のロートレックが、右側の写真の姪っ子さん(?)と待ち合わせかと、思い込んで読んだので、気づいた時、可笑しかったです。
by hanamura (2017-03-21 19:57) 

ソニックマイヅル

こんばんは。フランスのブドウ畑、是非とも見学してその後はワインを楽しんでみたいです。素晴らしい光景ですね。^^;
by ソニックマイヅル (2017-03-21 20:28) 

takenoko

広い畑の光景、一日中ボーとしてみたくなるような場所です。
by takenoko (2017-03-21 21:08) 

いっぷく

美術館の天井、すばらしい眺めですね。
絵がもう色あせていますが
作られて間もないころは見事だったでしょうね。
by いっぷく (2017-03-21 21:33) 

わけん

ロートレック、、、聞いたような気がして検索したのですが、
それでも思い出せませんでした。
何かで見たのか聞いたのか・・・ムーランルージュかなぁ。。。
by わけん (2017-03-21 22:35) 

めりっさ

美術館や大聖堂の佇まいがとっても素敵ですね。
のどかな畑の風景にもこころ惹かれます♪
こんなところでワインを楽しんでみたいですね~(^^)/
by めりっさ (2017-03-22 00:19) 

こんちゃん

田園風景は日本でも見かけそうですが雰囲気が違いますね。
海外での交通機関にはドキドキさせられます。
by こんちゃん (2017-03-22 04:07) 

ぼんさん

フランスでは色々なぶどうがあり、それらが多くの種類のワインになっていくのでしょうね(^.^)
by ぼんさん (2017-03-22 06:01) 

あおたけ

バッテリー残量が気になると、
写真を撮るのに集中できなくなっちゃいますよね。
ホテルへ取りに戻れる範囲でよかったです(^^)
舟底型になった美術館の天井、
これはインパクトあって素晴らしい眺めですね~!
ロートレック、
レトロなポスターくらいしか思い浮かびませんが、
独特なタッチの作品ですよね。
by あおたけ (2017-03-22 08:03) 

YAP

この通路の天井、おもしろいですね。
こういう形は初めて見ました。
by YAP (2017-03-22 08:11) 

yoko-minato

通訳を兼ねた姪っ子さんの存在は
有難いし心強いですね。
私はもうフランスなどは無理ですが
なんか行った気になれます。
by yoko-minato (2017-03-22 08:13) 

hrd

流石!旅慣れされている方はバッテリーをホテルへ取りに行く判断できる余裕がありますね\(◎o◎)/
by hrd (2017-03-22 09:57) 

テリー

多々良沼の夕日の白鳥、なかなか、いいですね。
メモして、次のシーズン、撮影に行きたいですね。
by テリー (2017-03-22 10:34) 

ナツパパ

煉瓦を使っている建物が多いのですね。
近くで煉瓦を作っていたのかしら。
晴れて気持ちよさそう!
by ナツパパ (2017-03-22 11:32) 

kuwachan

皆様、こんにちは。
ご訪問、nice!&コメントをありがとうございます。

♪okkoさん
一番乗りありがとうございます。
いいえ、気になさらずお時間のある時に覗いて頂ければ嬉しいです^^
ロートレックはあちこちで見かけますが、やはりここは所蔵量が多かったです。
時間がなくてさーっとした見られなかったのが残念です。
はい、おかげさまで。旅行では天気に恵まれることが多いです(*^^)v


♪ma2ma2さん
車が右側通行の国に行くとそうですよね。
はい、ワイン用のブドウ畑と思います。


♪hanamuraさん
思い込みって面白いですよね。
途中で軌道修正ができない(^^ゞ
私、よくやりますよ~(苦笑)


♪ソニックマイヅルさん
私も一度ワイナリー巡りってやってみたいなって思っています。
きっと美味しいでしょうね(笑)


♪takenokoさん
毎日だと飽きてしまうかもしれませんが
たまにはこういうところでボーっとするのもいいですよね^^


♪いっぷくさん
絵画ですと日光が当たらないようにするとかできますが
こういう天井画とかは保存がなかなか難しいですよね。
出来た当時はそれは素晴らしかったことと思います。


♪わけんさん
そうです!ピンポーン♪
ムーランルージュ、ありますね。
きっとご覧になったら、あ、これかって思われるでしょう。


♪めりっささん
レンガ造りの建物が風情があってステキでした。
フランスは一歩町をでるとこんな風な田園風景が広がっています。
この時はあまりワインを飲まなかったのが心残りです(^^ゞ

by kuwachan (2017-03-22 12:38) 

kuwachan

♪こんちゃんさん
北海道がこんな感じかもしれないです。
フランスと北海道とは大体緯度が同じなんですよ~。
毎回電車やバスが実際に来るまでドキドキです^^


♪ぼんさんさん
地方によって植えられているぶどうが違うようです。
同じようでいて少しずつ気候が違うのでしょうね。


♪あおたけさん
そうなのですよ~。
減り始めるとどんどん減っていってしまうので思いっ切り撮れなくなります。
往復で3、40分位だったでしょうか。戻れる範囲で助かりました。
船底型の天井は今までにも何回か見たことがあります。
ひとつはレンヌの観光案内所で元礼拝堂だったところです。
今は美術館になっていますが、以前は司教館だったところなので
こういう天井も有りだったのでしょう。
ロートレックのポスターは独特のタッチですよね。
たぶんどこかしらでご覧になったことがあるかと思います。


♪YAPさん
↑のコメントにも書きましたが
何回か同じ船底型ではないですが
船底型の天井は見たことがあります。
考えてみれば今は通路になっていますが、
以前は違う用途だったのかもしれないですね。


♪yoko-minatoさん
はい、フランスでは姪っ子におんぶにだっこ状態です(笑)
おかげで私はフランスの田舎町を旅することができるのです。


♪hrdさん
アルビは小さい街だったので、初めてでも道に迷うことなく
ホテルにバッテリーを取りに戻ることができました。
パリじゃもう無理です(^^ゞ


♪テリーさん
コメント、他の方のブログと間違われたかも?^^


♪ナツパパさん
建築用の石材が近くで手に入れることができなかったため
レンガを造って建築資材にしたそうです。
日中は暑かったです。

by kuwachan (2017-03-22 13:02) 

koh925

旧市街に川が流れる風景、いい眺めですね
医術間の船底形の天井絵は木材に描いたんでしょうか、
見続けたいですが首が痛くなりますね
by koh925 (2017-03-22 15:10) 

sheri

お庭、ステキですね~
中に入れなかったのは残念だったと思うけれど、遠くから見たほうが全景がわかってよかったかもしれませんね。
by sheri (2017-03-22 17:13) 

ひろし

この庭園は上から眺めるものですね(笑)
歩いてても形が分からない?
綺麗に刈り込まれていて素適です。

田園風景ものどかで心が落ち着く風景ですね。
日本とは違う空気が伝わってきそうです。

by ひろし (2017-03-22 20:20) 

kou

私はバッテリーどころか、充電器自体を旅行に持っていき忘れたことがあり、国内だったので在庫のある電気店を探して旅行中に買いに行きました。(^^;
モバイル関係は忘れ物がないようにチェックが必要だなと実感しました。
by kou (2017-03-22 21:49) 

らる

トゥールーズに行けてたら,ロートレックは見に行きたかったですよ!
お庭も素敵だし,こちらで見ることができたのはラッキーでした♪
by らる (2017-03-22 22:41) 

kuwachan

皆様、こんばんは。
ご訪問、nice!&コメントをありがとうございます。

♪koh925さん
川の氾濫がすくないのかもしれませんが。
この川は護岸工事がされていないところがいいですよね。
コンクリートで覆われていると風情が台無しになってしまいます。
船底型の天井画恐らく木材に直接描いたと思われます。


♪sheriさん
素敵な庭園ですよね。
確かに少し高いところから眺めたの方が刈り込みがよく見えます。
テラスに出られればよかったのですが窓越しがちょっと残念でした。


♪ひろしさん
結果オーライですが、確かに上から眺める庭園かもしれないです^^
庭園の木を刈り込むのは日本だけなのかと思っていたのですが
フランス式の庭園も形は違いますが綺麗に刈り込むことを
フランスを旅するようになって知りました(^^ゞ

大地の広さを感じますね。日本だと山が近いです。


♪kouさん
え~kouさんが忘れるのですか?意外な感じです。
でも、充電器を忘れたのが国内で良かったですね!
さすがに海外では調達は難しいかと。特にツアーだったら無理でしょうね。
あっ、Appleならアメリカ以外でもありそうです。ひとつはApple製品を持っていればなんとかなるかも^^
それよりも兎に角忘れないことが大事ですね(笑)


♪らるさん
「トゥールーズ」と美術館の名前には付いていますが
有るのはアルビでトゥールーズから列車で1時間かかります。
しかし、ロートレック好きなら見逃せない美術館です。


by kuwachan (2017-03-23 00:11) 

tarou

お早うございます、掛川城大手門にコメントを有難うございました。

川が流れる街並みが良いですね(^^♪
畑は、ブドウですか?
ワイナリーを廻ったら、楽しいでしょうね!

by tarou (2017-03-23 09:00) 

みうさぎ

庭園メルヘンチックですねっ
天井が迫ってきてビックリ!(゜-゜)
きゃはは~
by みうさぎ (2017-03-23 15:19) 

kuwachan

♪tarouさん
川があるかないかでアルビの町の印象は随分違ったものになったでしょうね。
ゆったりと流れる川そして煉瓦造りの古い橋が歴史ある町並みを印象付けていますよね。


♪みうさぎさん
端っこに建っている三角屋根の塔が童話に出てきそうな感じですね。
綺麗な模様になった刈り込まれた庭園が素敵でしたよ。眺めただけだったけど(笑)


by kuwachan (2017-03-23 18:41) 

ken

ロートレックは大好きな画家のひとりです。
軽妙な感じのムーランルージュのポスターを思い出します・・・(^O^)
by ken (2017-03-23 18:56) 

みーる

バッテリーを取りに行って 良かったですね 甥っ子さんにも感謝^^
船底のような天井が綺麗ですね 絵が もったいない感じですが^^;
葡萄畑 清々としていいですねー雲ひとつありませんね^^
by みーる (2017-03-23 20:32) 

kuwachan

♪kenさん
ロートレックは独特のタッチで一見で彼の作品!ってわかりますよね。
「軽妙な感じ」お好きなだけあって、言い当てていらっしゃいますね^ ^


♪みーるさん
時間があったことが一番ですが、不安を抱えながら撮りたくなかったので
思い切って行っちゃいました^ ^
天井が珍しい形だったので思わずパチリです(笑)
この日は真っ青な空が広がり、日中は暑かったです。

by kuwachan (2017-03-24 08:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。