So-net無料ブログ作成
検索選択

12月・・・冬@うちの庭 [四季]

wIMG_2238.JPG


いよいよ今年も押し詰まってきましたが、今うちの庭では水仙が真っ盛り。庭に出るとぷ~んと良い香りが漂ってきます。

12月に入っても暖かい日が続いていましたが、ここのところ急に冷え込んできて、冬らしい気候となっています。

珍しく霜柱も立っていました。そんな寒さの中でも、水仙は可愛らしい花を咲かせています。

2428904
2428905
2428907
2428906
wIMG_2212.JPG



 

開花準備中は・・・・・こちらです。


nice!(9)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2008パリ⑪~パンテオン(パリクワⅧ) [Overseas]

wIMG_1533.JPG
*パンテオン

パリの続きです。次の目的地は、「パンテオン」です。サント・シャペルを後にして、Cite駅に戻ります。

前日歩き過ぎで既に足がだるかったのと^_^;、時間的に制約があるのでできるだけメトロを使いました。

パンテオンの最寄の駅を探すと10号線のCardinal Lemoine駅だったので、Citeから4号線に乗り、

2つ目のOdeonで10号線乗り換えました。
wIMG_1530.JPG
パリのメトロの掲示板です。

左上のMがメトロで。

⑩が号線ですね。

Gare d'Austerlitzが行き先です。

そして、次の電車が3分後に、
その次の電車は12分後に到着、
という表示になっています。

日本は、何時何分に来るという表示が
多いですよね。

 

地上に出ると目印になるようなものがなく、思った方向に歩いていくとなんか違うような感じで、一旦駅まで戻り

もう一度地図で確認すると、やっぱり間違っていました(^^ゞ早目に気がついてよかった~。

暫く歩くと右手に教会が見えてきました。サンテティエンヌ・デュ・モン教会です。この教会も風格がありますね。

2424500

教会のちょっと先、左手の奥に丸いドームがあるパンテオンが見えてきました。↑


 

続きを読む


nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

角松敏生ライブ!!@中野サンプラザ [音楽]

wIMG_2175.JPG

*開場前の中野サンプラザの入り口で 

ちょうど1週間前、ずっと私が長い間応援し続けている角松敏生さんのライブへ行ってきました。
(角松さんと呼びかけるとピンとこないので、敢えて「角松(カドマツ)」と呼び捨てにさせて頂きますね^^)
「角松敏生」って一体誰?「カルロス・トシキ」(←充分古いですが・・・オメガドライブです。)じゃないの?
と思われる方もいると思いますので、最初に簡単にご紹介します。

数年前にシングルがかろうじてオリコンで10位以内に入ったことがありましたが、「角松敏生」名では、
コレといった爆発的な
シングルヒットがあるわけでもなく、テレビにも出ないし(滅多に出られないしが正解か・・?)、
もともとシングル中心ではなくアルバム、ライブ中心のミュージシャンです。
ミュージシャンとしてだけではなくプロデューサーとしても活躍していて、特に杏里さんの「悲しみがとまらない」や
中山美穂ちゃんが有名です。(他には、あのダンス☆マンがいた「ジャドウズ」とか「空と海と風と」など)
中山美穂ちゃんの通称ユアマイ「You're My Only Shinin' Star」は角松の曲なんですよ。
コレを聞くと、えっ、そうなんだ~!と思って下さる方がいることでしょう。ねっ、まゆさん!←無理やり同意求める私(^^ゞ
でもなんといっても一番有名な曲は、やっぱりV6の「WAになっておどろう」ですね。
この歌ならご存知の方も多いですよね(^_-)-☆ そう、長野オリンピックの時に歌われました。
でも、V6と紹介してしまう、そしてV6がカバーしたのでここまでヒットしたと言われればその通りと言わざる得ないのが
ファンとして悲しいところです。元歌はNHKの「みんなのうた」で放送されたもので、クレジットはアガルタでした。
この歌を作ったアガルタのNo1.の
長万部太郎が、当時凍結中だった角松なんです。
ちなみにアガルタには今一番忙しいドラマーと言われている沼澤尚さん(No.7) も参加しています。

長いです・・・興味のある方はクリックして下さい(^^ゞ


nice!(11)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2008年12月23日天皇誕生日 ひさびさドライブ~! [ドライブ]

wIMG_2182.JPG
*海ほたるから 

今までは車を買い替えると慣らし運転と称して、買った当初はあちこちドライブに行っていたのですが、

今年は春に車を買い替えたものの、その後ガソリン価格の高騰で車の使用を控えていました。

ようやくこのところガソリン価格がジリジリと下がってきて、私の家の近辺ではハイオクでも100円代[手(チョキ)]という

お店もでてきたので、久しぶりにドライブ[車(RV)]に出掛けることにしました。

目指すはこの2月にも行った→こちら千葉の山武市のいちごロードです。

2月に買ったいちごが本当に美味しかったので、クリスマスを前に是非手に入れたいなと思っていました。

行きは前回と同じく首都高~アクアライン~海ほたる~館山道~東金道路のルートです。

アクアラインは便利なのですが、もっと高速料金が安くなるといいですね~。

途中海ほたるで降りて景色を眺めると、残念ながら富士山は全く見えず(>_<)、しかし昨夜の雨で洗われたのか、

ハケで書いたような薄雲が少し出ていましたが綺麗な青空が広がっていました。↑↓

wIMG_2184.JPG

wIMG_2185.JPG
海ほたるでもこんな飾りつけが・・・・

 

続きを読む


nice!(15)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2008パリ⑩~サント・シャペル [Overseas]

wIMG_1476.JPG
*サント・シャペルの上層の礼拝堂 バラ窓 

さて、プランタンの屋上でパリ市内の景色を眺めた後、前日長蛇の列で断念したサント・シャペルへと向かいました。

メトロの9番そしてStrasbourg St-Denis駅で4番に乗り換えてCite駅で降りたのですが、

Cite駅がなんとも深いこと、とにかく凄く深かったです。駅がセーヌ川の下にあるとかで・・・地上までが遠かった~[ふらふら]

東京でいえば千代田線の新御茶ノ水駅とか大江戸線の六本木とか麻布十番の駅を思い出しました。ふぅ~。

もう記憶が薄れていてよく覚えていないのですが(^^ゞ、教会に入るのにそんなに待たされた記憶がないので、

前日よりはいくらか列が短かったのだと思います。建物はゴシック建築です。
2406038

240603724060362406039

サント・シャペルのステンドグラスはパリ最古のステンドグラスとのことです。礼拝堂は下層と上層に分かれていています。

まず、下層からです。教会のパンフレットによると、ここは王と側近の者、ミサを執り行う司教座聖堂参事会員のみが

出入りしていたそうです。

2406040240604924060502406041
↑パリでもっとも古い壁画。13世紀のフレスコ画。聖母マリアへの受胎告知が表わされているものです。
24060522406051


 

そして、狭い階段を登って上層へ行くと・・・・


nice!(20)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

祝東京タワー 50周年 [東京タワー]

wIMG_2164.JPG


先日、この23日で50周年を迎えるという東京タワーの余りにもにもショボイ(^^ゞ画像を紹介してしまいましたが、

クリスマスのイルミネーションもあるということで、仕事の帰りにちょっと寄り道してきました。

これでちょっと挽回できるかな・・・・。[わーい(嬉しい顔)]

残念ながら、青の点々のイルミネーションは午後8時からの点灯で、寒空の下その時間まで待つことができず、

画像には収めることができませんでした[ふらふら] お許しを~~。

 

では、どうぞご覧ください。


nice!(17)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2008パリ⑨~プランタン屋上(パリクワVII) [Overseas]

wIMG_1432.JPG

ビル・アケム橋~パッシー通りの次は、LBHが某写真集の撮影の時にパリ市内の全景が眺められ一番印象的だったと

語ったプランタンデパートの屋上に向かいました。以前パリに訪れた時にもプランタンで買い物をしたのですが、

屋上があってそこからの眺めが素晴らしいとは知らなかったので、是非この目で確かめたかったのです。

プランタン行くためにはメトロの9番が便利なので、パッシー通りをぶらぶら散策しながら、La Muette駅へ。

メトロに乗って丁度プランタンの真下の駅であるHarve-Caumartin駅で下車しました。

さすがに駅名にはなっていませんが東京日本橋の銀座線三越前駅のようです。

7月はパリでもバーゲンセールの時期でデパートの店内には「Solde」のチラシがあちこちに貼り付けられていました。

それには見向きもせず、まずは目的の屋上へと急ぎます。途中までエレベーターに乗り、最後はエスカレーターでした。

屋上に上り詰めると、そこはガラス張りになった見晴らしの良いカフェがあり、柵沿いにはベンチが設置されていました。

 

続きを読む


nice!(15)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

誕生日ランチ3@12月 [美味]

wIMG_2109.JPG

 

師走に入って第1週目の日曜日に恒例の誕生日ランチの会がありました。

場所は銀座。地下鉄の駅から地上に出ると、目の前には長蛇の列が・・・・一体何だろう?と思ったら、

宝くじを買う人の列でした。ちょっと私も並んで買おうかしらとは思えない長さで、これも師走の風物詩のひとつですね。

今回は11月30日がお誕生日のKNさんの希望により、ワインが飲めるお店でした。

本命のお店が当日貸切で予約できず残念ながら別のお店になってしまいましたが、Mさんの粋な計らいで、

お店に人による「ハッピーバースディ」の歌付きのサプライズ誕生会[バースデー]となりました。

男性二人による生歌(結構上手でした(^_^)v)で周りの人の方がびっくり(@_@;)していたようです。

当の本人であるKNさんは、びっくりするやら、恥ずかしいやら・・・でも想い出に残る誕生会となったと話してくれました。

実のところの事前にMさんから『ホールケーキを頼んだから』と聞いていた私も、オルゴール位はあるかな?とは

思っていたのですが、まさか生歌があるとは思っていなかったのでオドロキましたけど(笑)

*誤解させちゃったかも???で追記、修正しました。お誕生日はKNさんです。

そしてお料理は・・・


nice!(10)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2008パリ⑧~ビル・アケム橋(パリクワVI) [Overseas]

wIMG_1416.JPG
*ビルアケム橋の中間地点から眺めたエッフェル塔

とうとうパリ最終日、そして今回の旅行の最終日となってしまいました。

今回は直行便なので嬉しいことに出発が夕方。ほとんど丸一日使えます。これがこのツアーに決めた理由の1つでした。

まず、前日にすっかり混同していたことが分かったビル・アケム橋へ。→顛末はこちらで

そこから左→右方向へ時計回りに移動して行くこと決めて出発。再び、エッフェル塔へと向かいました。

 
2380469
*モンパルナスから見た朝のエッフェル塔


パリに到着した日と同様にモンパルナスの駅からメトロの6号線に乗りました。この線は、途中で東京メトロの丸の内線と

同じように地上に出るのです。そして橋を渡ります。川はもちろんセーヌ川です。橋の上から美しいエッフェル塔の姿が

見えたことは覚えていたのですが、なんと、その橋がビル・アケム橋だったのです。

モンパルナスの方からエッフェル塔の方に向かって乗ると、橋を渡る手前に「ビル・アケム」という駅もあったのに

前回全く気がついていませんでした[がく~(落胆した顔)]

で、橋を渡ったところのパッシー駅(この駅は四谷のように地上でした)で降りて、橋へ戻って行くと・・・・。



続きを読む


nice!(13)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2008パリ⑦~コンシエルジュリ [Overseas]

wIMG_1393.JPG

 *コンシエルジュリの憲兵の間

12月に入り、なんだか慌しくなってきた今日この頃です。平日はなかなか時間が取れなくなってきてしまいました[ふらふら]

という前置きはさておき、パリ市内の旅行記の続きです。 

橋を渡ってシテ島に入り、お目当てのサント・シャペルの前に行くと長蛇の列。それも半端ではない長さ。

入場の際のセキュリティチェックで時間が掛っているようでした。ここに来るまでにもうかなり歩いていたので、

列の最後尾について並んで待つ気力がなく、翌日再び訪れることにして、ミュージアムパスで入ることができる

隣のコンシエルジュリを見学することしました。以前バトームーシュに乗った時に外観だけは見たことが

あったのですが、内部は見学していなかったので丁度良い機会でした。

もともとは宮殿として建てられ、その後、牢獄として使われるようになったそうです。

入り口を入ると凄く広~い空間となっていて、「憲兵の間」と名前が付いています。それが↑上の画像です。

ここは、2つ駐屯部隊や、王及び王族に仕えた人々のための場所の一部で、大きな広間2つから成っています。

1つは広い食堂広間だったようです。

コンシエルジュリはあのマリー・アントワネットが処刑される前の2ヶ月半をここで過ごしたということで、

牢が再現されています。ベルバラを思い出す人も多いことでしょう。もちろん、私もです(笑)

2369882
 *ボケボケの写真でゴメンナサイ

マリー・アントワネット記念礼拝堂
2369884
礼拝堂にはマリー・アントワネットの頭文字MとAをかたどった紋章のステンドグラスもありました。
2369883


↓ジロンド派の礼拝堂
2369885

台所棟へ続く螺旋階段でしたが、登ることはできませんでした。
2369897

中庭(たぶん女たちの庭)。ここで処刑者が、処刑台へ連れて行かれるための荷車を待っていたそうです。 
2369886

そして・・・・・(^^ゞ


nice!(15)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行