So-net無料ブログ作成
検索選択

新緑の上高地へ お花編 [ドライブ]

bIMG_3759.JPG


上高地で撮ってきた写真。今回はお花編です。

上高地ではお花の季節がはようやく始まったところで、小さな可憐なお花たちが、木立の中で咲いていました。

最初のお花はニリンソウのようです。ちょっとクリスマスローズに似た感じですね。

これも花びらが実は萼だそうです。こんな群落になっています。[バッド(下向き矢印)]

b_3854.JPG

 

bIMG_3761.JPG

ワスレナグサと同じ仲間のエゾムラサキ

 

2874925

 

続きを読む


nice!(25)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

新緑の上高地へ 風景編 [ドライブ]

bIMG_3892.JPG

 

すでにご報告済みですが、5月23日~25日まで新緑が眩しい上高地へ行ってきました。

その時に撮った写真を風景編とお花編でアップしたいと思います。

お付き合い頂ければ嬉しいです(*^_^*)今回は風景編です。

上高地の代表的な風景は既に現地からの報告でご紹介してしまったので(^^ゞ、1枚目を何にするか

悩んだ末、今回の自分のお気に入りの一枚にしました[グッド(上向き矢印)]

bIMG_3899.JPG

早朝の散策の途中、日本アルプスを

世界に知らしめたことで有名な

ウォルター・ウェストンの功績を

称えて作られたウェストン稗の近く、

木道のある小さな湿原で遭遇した

光景です。

青空と白樺が水面に本物と見間違うか

のように映っていました。

ウェストン稗から望む対岸の風景です、切り立った山々がまるで屏風のようでした。

2866591



 

では、続きをどうぞ(^_-)-☆


nice!(23)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

東京脱出!3 [モブログ]

NEC_0958.jpg

無事自宅に戻りました。
今日は渋滞もなくスイスイで快適なドライブでした。
お天気が回復して、また見事な山々を望むことができました。
昨日の雨、山の上では雪だったようです。白い所が多くなっていませんか?
今回の上高地は改めてまたアップする予定です。
取り敢えず今日の画像は、上高地といったらココという位有名な河童橋と穂高連峰です。
自宅からですが・・これも携帯からです^^


nice!(20)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

東京脱出!2 [モブログ]

NEC_0957.jpg
朝起きると既に雨が降っていて昨日の天気予報よりも早くがっかり(涙)
少し気落ちして朝食を取った後、外をみると雨が上がっているじゃないですか(^^)v
散策に出掛けると雨に洗われた新緑に心も洗われました。
午後からは雨が再び降り出し、ホテルでの~んびりと☆
nice!(16)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

東京脱出! [モブログ]

NEC_0955.jpg
タイトルが大袈裟ですが(^^ゞ、新緑が萌える上高地に来ています。
相模湖付近で事故があり渋滞に巻き込まれ前半快適なドライブとは行きませんでしたが、素晴らしい景色が帳消しにしてくれました(*^_^*)
明日はお天気がちよっと心配です。
nice!(13)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

素顔のままで・・・ [東京タワー]

NEC_0949.JPG
少し前に撮った画像なのですがたまたま仕事で外出した時に、雲ひとつない抜けるような青空を

バックにした東京タワーに遭遇して、携帯で撮ったものです。

今までここでご紹介した東京タワーはイルミネーションの画像がほとんどでしたが

青空を突き刺すようにすくっと建っている東京タワーもなかなかカッコイイじゃないですか?


2847890




 

続きもご覧くださいね・・・(^_-)-☆


nice!(20)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

懐かしい味ドーナツ [美味]

b_3646.JPG

最近街でドーナツ屋さんをよく見かけるようになりました。

子供の頃、母と一緒におやつの時間に作ったドーナツは忘れられない味で、
大人になっても急に食べたくなって
想い出したように作ることがあります。
土曜日の昼下がりに、久しぶりにドーナツを
作ってみました。

28396792839680283968128396822839683

作り方は、卵を泡立てたり、生地を休ませたりする必要はなく意外と簡単です。
材料を混ぜて、のして、型抜きして、揚げるの作業を一気にすることができます。
ドーナツ型の型抜きは市販されているのですが、毎日作るのではないからという理由で
子供の時から我が家にはなくて、今回もグラスで大きな円形を、小さい中心の円は
お醤油注しを利用しました。

出来上がったドーナツは売っているものに比べるとふわふわ度は劣りますが、
揚げたての美味しさは格別でした(*^_^*)

 

 

お口直しには・・・(^_-)-☆


nice!(23)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

街角の薔薇 [お花]

bIMG_3604.JPG

 

今薔薇が花盛りですね。

私の勤め先の近くの街路樹の脇に誰が植えたのでしょうか、綺麗な薔薇が咲いていました。

薔薇の花を見ながら出勤もいいものです。朝から清々しい気分になります[わーい(嬉しい顔)]

2832272

2832274

 

この辺りは再開発地域で住民の方はほとんど引っ越してしまいました。こんなに大きくなった薔薇もありました。
bIMG_3609.JPG

 

2832273

 

こちらは[バッド(下向き矢印)]自宅の近所のお家のつる薔薇ですが、ここを通るたびに薔薇のいい香りが漂ってきます!

2832275


続きを読む


タグ: 薔薇 紫陽花
nice!(19)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都 仙洞御所 [京都]

bIMG.jpg


京都ネタです。
木々の緑が眩しい季節になりました。
京都では明日5月15日は三大祭のひとつ葵祭が行われます。
一度だけ葵祭の行列の様子を京都御苑で見たことがありますが
残念ながら写真が残っていません(>_<)
その当時は今のようにデジカメではないので気軽に写真を撮っていなかったと思います。
今思えば惜しいことをしました。

今回はその葵祭が行われる京都御苑の中にある仙洞御所のご紹介です。
写真の日付を見ていただければお分かりのように、10年以上も前に行ったものですが
雰囲気は充分わかっていただけるかなと思います。

すでにご紹介した
修学院離宮は→こちらを、桂離宮は→こちらをご覧下さい。

仙洞御所は後水尾上皇(修学院離宮造営)のお住まいとして建てられたのですが、
建物は火災にあって消失しており、現在は庭園だけの参観となります。
庭園は茶人、作庭家として有名な小堀遠州の作事によるものです。

bIMG_0006.jpg


 
b_0004.jpg
bIMG_0003.jpg


bIMG_0005.jpg
醒花亭と南池 手前の島は葭島


bIMG_0001.jpg
南池
州浜・・・ここの小石は粒揃いの長細い円形をしています。この石は小田原藩主が献上したものだそうです。
小田原の海岸で石ひとつに米一升を与えて集めさせたもので、俗に小田原の一升石といわれています。
1回目秋に訪れた時に、案内の方がここの藤棚(正面)も素晴らしいです。見頃はGW頃とのことでしたが、
5月の中旬ではすっかり終わっていて跡形もありませんでした。
藤棚の下に架かっているのが八ツ橋です

同じ場所に女院御所として建てられたものが元となっている大宮御所がありますが、
ここは現在天皇家の方々が京都にお見えになった時の宿泊場所として使われています。
大宮御所の庭にある右近の橘と左近の桜です。
bIMG_0007.jpg

雨が降った後だったので木々の緑がより一層美しかったです。


bIMG_0002.jpg
桜の木にはさくらんぼの赤ちゃんがついていました(*^_^*)


 

秋の様子はこちらで


nice!(19)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

NO TURNS by 角松敏生 [音楽]

b.jpg
昨年末に角松ライブの記事を書いた時にcIMG_0001.jpg角松の存在を知っている方が
いらして下さって驚くやら嬉しいやらでした。

その時の記事は→こちら 

その角松が2年8ヶ月ぶりにニューアルバム「NO TURNS」
発売しました。といっても3月18日発売なのでもう2ヶ月近く
前になるのですが・・・(^^ゞ
私はもちろん発売前に予約し、発売と同時に購入しています。
角松ファンとしては普及のために(笑)、一つ記事を書こうと
意気込んでみたものの、さて書く段になると
、筆が進まず
今日まで延び延びに。ごめんなさい、角松サンm(__)m
(こんな時だけサン付けですが(汗))

解凍後は、新しい分野に取り組みファンの中でも
賛否両論ありました。そして問題発言もあったりして・・・。
確かに私もどちらかと言えば解凍前の方が好き!
の部類に入ると思います。
過去は過去として、そうせざるを得ない
状況があったとことも確かですが、
常に前向きに取り組んでいく角松の「こだわり」の
姿にも心打たれるものがありました。
 
そしてこのニューアルバム、いい意味で肩の力が抜けたとっても聴きやすい仕上がりになっていると思います。
(もちろん私の印象ですので、悪しからず)

バックミュージシャンはもちろん精鋭揃いです。超有名どころでは今剛(井上陽水バック)、
小林信吾(中島みゆきのバンマス)、梶原順(渡辺貞夫グループ)、森俊之&松原秀樹(スガシカオバック)等々です。

1、2曲目は解凍前の曲調を彷彿させる出だしで、レコードの時代の表現であれば、針を落とした瞬間に
カドマツワールドが広がる・・・って感じでしょうか。

1、2曲目もいいですが、5曲目の「Love Junky」そして最後の曲しっとりした「夜の蝉」がイチオシです。
車の中で聴いていても邪魔にならない、でも、押さえどころはシッカリと押さえています。
やっぱり角松の曲にはブラスセクションがなくっちゃねぇ~。ライブでもお願いしますね!
12曲というのも短すぎず、長すぎず丁度いい感じです。

角松はまだまだ頑張っていますので、暫く遠ざかっていた方、ご存知ない方も
ニューアルバム是非聴いてみてくださいね。
とにかく聴いてもらわなければ話になりませんから(^_-)-☆

 

続きは、久しぶりに・・・・


nice!(24)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽