So-net無料ブログ作成
検索選択

続 雅さん 東京転勤歓迎会(洋食編) [ソネブロ]

bIMG_1537ジョンティサラダ.jpg
                    サラダ~!


記事がタイムリーではなく遅れ遅れになっておりますが(^^ゞ、約10日ほど前の7月19日の金曜日の夜
前回の「雅さん 東京転勤歓迎会」→http://fumi-kuwachan.blog.so-net.ne.jp/2013-06-16
から約1か月、同じメンバー(リュカさん、ake_iさん、雅さん、ワタクシ)でまたまた飲み会です[わーい(嬉しい顔)]

前回はソニーの盛田さんのご実家の蔵元のお店「ねのひ」で和食でしたが
今回はワインがめちゃくちゃリーズナブルで美味しく、もちろんお料理も◎の
浅草橋のお店、リュカさんお勧めの「ジョンティ」でアルザス料理です!

ジョンティの記事はこちらにもあります→http://fumi-kuwachan.blog.so-net.ne.jp/2013-04-09

続きを読む


ブルターニュ地方への旅 10 お城巡り (ヴィトレ②) [海外@ブルターニュ2013]

bIMG_8399.JPG

                      ヴィトレ城


ヴィトレの続きです。

石畳の道を歩いて行きます。朝早いのでほとんど人が歩いていませんでした。

bIMG_8387.JPG
 

石畳の道の両側にわ中世の木組みの家が立ち並んでいます。
所々に木彫りの施された窓枠や梁も残っています。

bIMG_8383.JPG

 

 

bIMG_8389.JPG

 

 

bIMG_8391.JPG

このあたり(ボードレリー通り)は革職人が多く住んでいたそうです。 

bIMG_8392.JPG

 bIMG_8393.JPG

 

 

bIMG_8396.JPGbIMG_8395.JPG


お城が見えてきました。

bIMG_8398.JPG

 

続きを読む


夏はやっぱり沖縄~!その2 (那覇の夜はここ^^)  [沖縄]

bIMG_0434ジャンボ.JPG
                    ジャンボ@羽田空港



マイルを溜めては沖縄に飛んでいるのですが、今回の沖縄行も特典航空券を利用しました。
ただちょっと出遅れてしまったので、行きは早い時間発の飛行機が、帰りは遅い時間発の飛行機が取れず、
行きは那覇に夕方着のゆったり出発でした。
久しぶりにジャンボ。ジャンボも来年には完全に引退してしまうそうですね。


那覇での宿泊先は、今回もモノレールの旭橋の駅のすぐ脇にある「ダブルツリーbyヒルトン那覇」。
「ヒルトン」と名前がついてから、外人のお客さんが増えましたね。
やはり「ヒルトン」のネームバリューを感じます。
予約はANAのサイトからだったのですが、アップグレードをしてくれて、ちょっと広いお部屋に。

bIMG_0442.JPG


でも、この部屋で風邪を引いてしまったのでね~^^;

bIMG_0450.JPG


日本ですのでもちろん湯沸し器もついています。
インスタントコーヒー、お茶、紅茶のティーバックもあるのでちょっとひと息つけますが、冷蔵庫は空っぽです。
バスルームはユニットバスではないので、ビジネスホテル系としてはゆったりとした広さがあります。

bIMG_0444.JPGbIMG_0445.JPG


アメニティーは、特別なものはありませんが、質にこだわらなければ充分です。
タオルは、ハンドタオル、フェイスタオル、バスタオルの3種類。寝間着も備え付けがあります。
お値段を考えると備品は充実していると思います。

bIMG_0447.JPG


駅にも、空港にも近いのでお勧めです。 

 

で、ホテルに荷物を置いてすぐに向かった先は・・・・[わーい(嬉しい顔)]

続きを読む


ブルターニュ地方への旅 9 お城巡り(ヴィトレ①) [海外@ブルターニュ2013]

 bIMG_8365.JPG
                                                SNCF ヴィトレ駅


前記事では、お見舞いのお言葉をたくさん頂戴し本当にありがとうございました。
沖縄土産の夏風邪はまだスッキリとは治っていませんが、快方に向かっております。
コメントのお返事が遅くなっていて大変申し訳ありません。
17日の記事分につきましてはもう少しお待ちいただけますか?

今日は暫くぶりにブルターニュの旅行記の続きです。 
今後はブルターニュの旅行記と沖縄の旅行記の2本立てで行く予定ですので、よろしくお願いします。

レンヌの旧市街を観光した翌日は、ブルターニュを代表する城塞建築が残るヴィトレと
フージェール(フジェールとの記載もあります)を訪ねました。
交通機関は、レンヌからterに乗りヴィトレへ、ヴィトレ→フージェールはバス、フージェール→レンヌはバスを
利用しました。

位置関係はこんな感じです↓


より大きな地図で ブルーターニュ地方への旅 ヴィトレ~フージェール を表示

 

続きを読む


夏はやっぱり沖縄~! [沖縄]

bIMG_0803パナリ島.JPG
                           新城(パナリ)島


皆様、留守中のご訪問ありがとうございました。
南の島から無事戻ってきました。
東京の猛暑が一段落していてホッとしました。

猛暑の東京から沖縄へ行ったのですが、沖縄の方が確かに日差しは強いものの
朝晩や木陰の中に入ると東京よりもずっとしのぎやすかったです。

一時は[台風]台風でダメかも~~と思いましたが、私の日程に合わせてくれたかのように
中国大陸の方に抜けてくれたので予定通り行って来ることができました。


今回訪ねたところの超ダイジェスト版です。


bIMG_0518 沖縄.JPG
                   
 沖縄本島海中道路付近

 

bIMG_0528 伊計ビーチ.JPG

                      伊計ビーチ


 

bIMG_0558シーサー.JPG
                 
茶処 真壁ちなー

bIMG_0640石垣島.JPG
                        
石垣島 玉取崎

bIMG_0734パナリ島.JPG
                      
新城(パナリ)島

 

bIMG_0835.JPG
                   新城(パナリ)島


というわけで・・・
お天気には非常に恵まれた旅行となったのですが、お土産付きでの帰宅となってしまいました[ふらふら]
こんなお土産は本来であれば願い下げなんですが、くっ付いて来てしまったので困ったものです。
どんなお土産かといいますと、到着の翌日一夜明けたら、なんとノドが・・・ヒリヒリ、ガリガリ、きゃ~[がく~(落胆した顔)]
冷房の直撃を受けて風邪を引いてしまったのです。
初めはノドだけだったのですが、その後ノドから鼻水に移って、今も鼻がどよ~んとしています


前の記事のお返事もまだできていない状況で大変申し訳ありません。

 

(旅行期間:2013年7月13日~17日)


2013年7月 猛暑@うちの庭 [四季]

bIMG_0415カサブランカ.JPG


東京地方は先週の土曜日の梅雨明け以来、連日、猛暑が続いていますが
皆様、お変わりありませんか?体調など崩されていませんか?
私は相変わらず元気でおりますが、ビール[ビール]が美味しくて、美味しくて^^
この夏はビール太りになってしまいそうです(笑)

今日は、ブルターニュの旅行記をお休みして今朝のうちの庭です。

カサブランカが咲き始めました。
今年は球根が二つに分かれてしまって、お花がやや小ぶりかな?という感じですが
真っ白な綺麗な花を咲かせてくれました。
大小合わせて10輪ぐらい蕾が付いているので楽しみです。

bIMG_0416.JPG

 

続きを読む


ブルターニュ地方への旅 8 ・・・レンヌ美術館&ホテルからのサプライズで乾杯! [海外@ブルターニュ2013]

bIMG_8748レンヌ美術館.JPG
                      レンヌ美術館

サン・ピエール大聖堂の後は、ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの「新生児」を観にレンヌ美術館に行きました。
太陽が沈むのが遅くなっても美術館は午後6時までです。
5月の末になるとフランスでは暗くなるのが午後10時頃なので、午後6時頃はまだ日が高くて時間の感覚が
無くなってしまい、うっかりしていると美術館に限らず閉館時間が間近[がく~(落胆した顔)]ということがよくあります。

美術館は旧市街と新市街を分けている川沿いにありました。

bIMG_8750.JPG

お目当てはこちらの絵です。
この絵を観るためにレンヌに足を運ぶ人も多いそうです。
私もレンヌに来た以上は絶対に観たいと思っていた作品です。

bIMG_8349.JPG


「新生児(キリストの降誕とも言われるそうです)」

bIMG_8351.JPG

新生児を照らす温かみのある光の描き方が如何にもラ・トゥールの作品っという感じですね。

bIMG_8353.JPG

レンヌ美術館は古代エジプトの美術品から、14世紀~20世紀の絵画作品を所蔵していて
フランスらしく地方の美術館といえども素晴らしい作品がたくさん展示されています。
モン・サン・ミッシェルの往き帰りに、美術に興味のある方は、立ち寄られてはいかがでしょうか?

美術館には閉館までいたのですが、閉館時間の10分位前には、ポストカードなどを売っている売店は店じまいです。
閉館時間は入り口の扉を閉める時間なんですね。

美術館で絵画を鑑賞した後は、水などを買ったのですが、スーパーマーケットを探し出すのが大変でした。
姪っ子が一応地図でチェックをしてきたのですが、ビルの地下にあって見つけ難かったのです。
その辺はやはり主婦としてのキャリアの違いなのか、姉が鼻を利かせていましたね^^
買い物の後はホテルに戻りました。

続きを読む


ブルターニュ地方への旅 7 ・・・サン・ピエール大聖堂@レンヌ [海外@ブルターニュ2013]

bIMG_8316.JPG


サン・ピエール大聖堂です。

建設になんと57年を要し、1844年に完成したネオ・クラシック様式の大聖堂です。

ネオ・クラッシック様式とは、「18世紀~19世紀にフランスを中心に流行した様式でそれまでのバロック、ロココ様式からの反動で
古典の再評価を図ったもの」だそうです。ネットから拝借しました。

ネオ・クラシック様式だからなのかその辺はよくわかりませんが、内部はギリシア神殿を思わせる雰囲気ですし、
↑ドーム部分の描かれた絵画は「アテネの学堂」に似ているような感じがしませんか^^

bIMG_8310.JPG

bIMG_8322.JPG

 

bIMG_8331.JPG


絵が描かれている天井は綺麗なアーチ型をしています。

bIMG_8311.JPG

工事中(修復中?)のところをカットして(^^ゞ

bIMG_8326.JPG

 

続きを読む


ブルターニュ地方への旅 6 ・・・マルシェに遭遇!@レンヌ [海外@ブルターニュ2013]

bIMG_8297.JPG
             

暫く歩いて行くとサン・トーバン教会が見えてきました。

教会の周囲をぐるりと回ると裏側の入り口の壁はアイビーで覆われていました。

bIMG_8301.JPG

既に記憶があやふやになっているのですが^^;
サン・トーバン教会の内部の写真がないのです。見学していたら一枚位は撮っていると思うので
この教会もお昼休み中で見られなかったのだと思われます。


bIMG_0893.JPG


サン・ト―バン教会があるのが、サンタンヌ広場です。

bIMG_8300.JPG


なんと、ここの広場で一角で丁度マルシェが開かれていました!

 

続きを読む