So-net無料ブログ作成
検索選択

秋の京都を楽しむ2014 ② (晴明神社) [京都]

bIMG_6811晴明神社大.JPG

 

前回の記事でも書きましたが、結局「鳥獣戯画展」を途中で断念し、新館「平成知新館」のオープン記念の
展覧会だけをを鑑賞して、両親と待ち合わせをしているブライトンホテルへと向かいました。

途中で電話をすると、やはりまだ感電男の影響が残っていて新幹線は遅れていました。
というので、油断をしてミュージアムショップを覗いていたら、両親は京都駅からタクシーでホテルに向かったので、
両親の方が先にホテルに到着していました(^^ゞ

ホテルで遅めの昼食を取って、チェックインし、部屋に入って少し休むと既に3時です。
それからどこか行くにはちょっと遅い時間です。
両親はもう部屋で休んでいるというので、私ひとりで出かけることに。


ホテル近くの中学校の桜の木が綺麗に紅葉していました。

bIMG_3292.jpg


向かったのは陰陽師 安倍晴明をお祀りする神社、「晴明神社」です。
元々はここ(一条戻橋(北西))に晴明のお屋敷があったそうです。

堀川通り沿いにも鳥居が建っています。

bIMG_6803晴明神社.JPG

 

実は私学生時代にブライトンホテルの近くに住んでいて、このあたりも度々自転車や徒歩で通って
いたのですが、その当時はこんなところに神社があるなんて全く気付いていませんでした(^^ゞ

入ってすぐのところにある復元された旧一条戻橋。

bIMG_6810戻橋.JPG

 

bIMG_6808戻り橋.JPG

 

現一条戻橋。

bIMG_6854新戻橋.JPG

 

bIMG_3298戻橋.jpg


一条戻橋の由来はこちらです。

bIMG_6855.JPG

 

 

bIMG_6815日.JPGbIMG_6813月.JPG


今だに続くパワースポット人気のせいか若い人や外国人旅行者が次々と訪れていました。

 

続きを読む


nice!(96)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

秋の京都を楽しむ2014 ① (国立京都博物館) [京都]

bIMG_6788京博旧館.JPG

 

「灼熱のモロッコ~フランスの旅」の旅行記は前半のモロッコ編が終了、後半のフランス編に突入するのですが、
その前に先日(11月15日~18日)行って来ました京都旅行の旅行記を挟みます。

フランス編を期待していた方、ごめんなさい。暫くお待ちを^^


今回の京都旅行は第一の目的は京都の奥座敷花背にある「美山荘」に宿泊し、美味しいお食事を頂くこと。
といっても折角京都へ行くんだから、とあれこれ調べていると、なんと京都国立博物館で、
「鳥獣戯画展」をやっているじゃないですか!それに、新館の平成知新館オープン記念の特別展も16日まで開催中。これはまず最初に京博に行くしかない[パンチ] と15日土曜日の朝に京博に行くことにしたのです。

しかし、鳥獣戯画展は連日凄い人気で、土日は150分待ち、バス停ひとつ分は並んでいるという情報が耳に入り、
その混雑ぶりに博物館も開館を30分早めて9時に開館にしているとのこと。
最初は開館の9時半頃に到着を想定して切符を買っていたのですが、変更して開館の9時前には到着できる
新横浜6時34分発のぞみで京都に向かうことにしたのです。

土曜日の朝、5時前起きると外はまだ真っ暗で、最寄の駅でようやく東の空が明るくなってきました。
新横浜に向かう途中の菊名でたまたま家へ電話をすると、「ニュースで新幹線が始発から止まってるって。」
ええええ~[がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)] ちょっとちょっと、それって一体何があったの???
ドキドキで新横浜に着くとやっぱり動いていません。駅員さんに確認すると線路内に人が立ち入ったためだとか。

もう、折角早起きしたのに、ホームへも上がれず、寄りかかれるところを探して改札階で待つことに。
放送では人が立ち入ったため停電してストップしているとのおうむ返し。詳しい情報はちっともわかりません。
結局1時間以上遅れて新幹線が動きだしたのですが、ホームへ上がると神奈川県警の警察官がやたらと目につき
犯人捕獲の捕り物帳でもあったみたい?とリュカさんにメッセージを送ると
なんと新幹線の屋根に上って感電した男のせいで停電し運転できなかったことが発覚[どんっ(衝撃)]
もう、なんてこと[ちっ(怒った顔)]、こっちは早起きして来てるのに、一体何人の人が影響を受けたと思ってるの?
公共交通機関である新幹線でやるのは止めてっ、冗談じゃないって感じでした[むかっ(怒り)][むかっ(怒り)][むかっ(怒り)]

その感電男のせいで[新幹線]京都駅には約1時間15分遅れで到着。
1時間ちょっとの遅れでは特急料金は払い戻しにならないし、踏んだり蹴ったりです。

bIMG_3281.jpgbIMG_3283京都.jpg


京都駅から運よく急行バスに乗ることができたものの、京都博物館に着いたのは10時を既に回っていました。
既に3時間+50分待ち。あぁぁ・・・・あと1時間早ければもう少し短かったのではと悔し涙。

bIMG_3288待ち時間.jpg

続きを読む


nice!(105)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

灼熱のモロッコ~フランスの旅 XXIX (モロッコ最終日) [海外@モロッコ・フランス2014夏]

bIMG_3121.jpg
                                      車窓の風景@マラケシュ~カサブランカ間


いよいよ、モロッコともお別れです。
マラケシュ6時55分の発の列車で空港へと向かいます。

 

ホテルはbooking.comで予約をしたのですが、ホテル直でもWeb予約はルームチャージではなく
1泊2食付の料金。朝が早いため朝食はホテルで取れないと諦めていたところ
姪っ子がダメ元でホテル側と交渉したところ、5時半に部屋まで持って来てくれることになりました[手(チョキ)]


クロワッサンとデニッシュ、ヨーグルト、オレンジジュース、チーズにナツメです。
ナツメがモロッコらしいです^^

bIMG_3111朝食.jpg

 

ホテルの向かいにあったのは王立劇場。

bIMG_3114.jpg


マラケシュは終着駅でした。

bIMG_3116.jpg

 

続きを読む


nice!(105)  コメント(37)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

灼熱のモロッコ~フランスの旅 XXVIII (マラケシュ@モロッコ その9) [海外@モロッコ・フランス2014夏]

bIMG_5523.JPG
                              [ひらめき]ジャマ・エル・フナ広場

 

京都旅行の旅行記は、モロッコの旅行記がひと区切りついたところで始めたいと思います。

今日はマラケシュの続きです
リヤドのお店で燃料補給して復活[パンチ]

そうそう、燃料補給はできたものの、現金が足りなくなってしまったので、
追加注文をして支払いをカードにして何とか乗り切ったワケなのですが(^^ゞ
現金でもカードでもどちらでも当然お店の店頭で支払いができると思っていたら
ここのお店ではできず、お店の人に付いてきてくださいと言われたのでついて行くと、
細い階段を上りお店の事務所のようなところに案内されたのです。
そこがお店の雰囲気とは全く違い、現代的なスッキリとしたビジネスオフィスで、
もちろんPCやコピー機、ファクシミリも置いてあり、そのギャップに驚きました。

無事支払を終えたあと、ジャマ・エル・フナ広場に向かいました。

モロッコの女性の人は、子供や学生は別として、このピンク色の人のような
フード付きの長袖で上から下までスッポリと隠れるような服を着ている人が多かったです。
モロッコの民族衣装で「ジェラバ」というそうで、男女兼用。
下には普通の洋服を着ているそうです。

 

bIMG_5513.JPG

 

続きを読む


nice!(87)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

京都旅行中 [モブログ]

image.jpg


皆様こんばんは。
日本列島紅葉前線が南下していますが、今京都に来ています。

昨夜は晩秋の雰囲気が漂う京都市内の北部の花背に泊まり、美味しいお料理に舌鼓を打ち、


image.jpg


今夜は、高台寺のライトアップを楽しんで来ました。ぶれぶれですが(^^;;


image.jpg



明日は土曜日に断念した、鳥獣戯画に再チャレンジする予定です。


(2014年11月17日@京都)


nice!(92)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

灼熱のモロッコ~フランスの旅 XXVII (マラケシュ@モロッコ その8) [海外@モロッコ・フランス2014夏]

bIMG_5497.JPG
                                           バスティラ

 

 

ベン・ユーセフ・マドラサの見学を終えると既に午後3時を回っていました。
二人とも、たっぷりと朝食を食べたものの、それ以後お水以外は何も口にしていなかったのでさすがにお腹が空いて、
私達はラマダンじゃないし、どこかでお店に入って食べよう!ということに。
ガイドブックで見つけたリヤドを利用したちょっと雰囲気がよさそうなお店に行くことにしました。


ところが、フェズほどではないとはいえマラケシュも道が分かりにくく、
ガイドブックや地図を片手にウロウロしていると、またまた若い男子が、
「どこか行きたいの?分からないのだったら教えてあげるよ~。」みたいな感じで寄って来たので
もちろん無視して隙を見せずわが道を行ったところ、諦めて去っていったのです。
ところが、そちらに気を取られどうもお店に行く曲がり角を通り過ぎてしまったようで[ふらふら]
どんどんお店のあるスーク(市場)から離れていきます。
体力的にはまぁ自信があった私も、モーレツな暑さと空腹で疲れ果てて、
「もう、ホテルに戻らない?」と思わず弱音を吐いてしまったら、
「え~、だってお店に行くんでしょ。まだフナ広場だって見たいし帰らない!」と姪っ子に言われ、そうだった[パンチ]
でも、とにかくお店を見つけて何か食べないと体が持たないからともう一度地図を確認してお店を目指すことに。

再び来た道を戻り、ここじゃない?と曲がり角を見つけて路地に入ると、なんとそこにはさっき無視した若い男子が[がく~(落胆した顔)]
私たちを見るとフランス語で「○×△・・・・・」と吐き捨て立ち去っていったのです。
その語気からいいことではないとは思ったのですが、姪っ子が「すっごくバカにされた。」と怒りモードに。
恐らく「そら、見ろ!そこのお店に行きたかったんだろう。俺に聞かないからこんなことになるんだ・・」
とかなんとかいったのでしょう・・・こういう時は言葉が分からないのもいいことがあります(負け惜しみですが(^^ゞ


お店に行く途中で見かけたお家の入口。 個人のお宅とは思えないほどステキ!

bIMG_5492.JPG

 

で、自力で何とかお店に到着。
こちらもラマダン時間で、閉店まであと1時間でした。

bIMG_5509.JPGbIMG_5493.JPG

 

続きを読む


nice!(96)  コメント(55)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

灼熱のモロッコ~フランスの旅 XXVI (マラケシュ@モロッコ その7 ベン・ユーセフ・マドラサ後編) [海外@モロッコ・フランス2014夏]

bIMG_5473.JPG
                                             2階からパティオを見下ろす[ひらめき]


ベン・ユーセフ・マドラサの続きです。

2階の上がると小さなお部屋が並んでいます。 

bIMG_5444.JPG 


神学生たちはこの部屋にこもって勉学や祈りに勤しんだのでしょう。

この彫刻には日本の和室の欄間に似た雰囲気を感じました。

bIMG_5452.JPG

 

 
梁の部分にもびっしりと彫刻が施されていました。そして、床にはゼリージュ。

bIMG_5456.JPG

 

2階の素晴らしい装飾をお楽しみ下さい^^

 

続きを読む


nice!(90)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

灼熱のモロッコ~フランスの旅 XXV (マラケシュ@モロッコ その6 ベン・ユーセフ・マドラサ前編) [海外@モロッコ・フランス2014夏]

bIMG_5398大.JPG
[ひらめき]

 

バヒア宮殿の後は、メディナ(旧市街) の中心部にある「ベン・ユーセフ・マドラサ」へ。


bIMG_5389.JPGbIMG_5390ファティマ.JPG

右はドアノックとして利用されていた魔除けの意味がある「ファティマの手」[グッド(上向き矢印)]


マラケシュのメディナはフェズのような迷路にはなっていないものの、わかり難いことには変わりはなく
所々で地図を確認しながら歩いて行きました。
徒歩専用かとも思えるような細い道をバイクが駆け抜けて行くので、気を付けていないと危ないって感じです。

bIMG_5393.JPGbIMG_5391.JPG

 

ベン・ユーセフ・モスクの塔が見えてきました。メディナ最大のモスクです。
マドラサはこの近くにあります。

bIMG_5392ベンユーセフモスク.JPG


そして、到着!

bIMG_5394.JPG

 

ベン・ユーセフ・マドラサは、1565年サアード朝(墳墓群の王朝)のスルタン、アブダラー・アル・ガリブによって
建てられた神学校で、当時の建築技術の粋を集めたイスラム建築の最高傑作と言われているそうです。
1956年まで使用されていて、最盛期には900人もの生徒が暮らしながら学んでいたとか。
メクネス、フェズとマドラサを見学してきましたが、その中でも規模的は一番大きかったと思います。


入口を入ると・・・・ここは2階も見学できるようです。

bIMG_5395.JPG

 

そして、中庭(パティオ)にでます。

続きを読む


nice!(99)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

11月初旬@うちの庭 [四季]

bIMG_3236 (2).JPG
  ほおずき@うちの庭・・・まるでモロッコで見かけたランプシェードのよう

 
 
前記事の総閲覧数200万アクセス超についてはたくさんのお祝いのお言葉をありがとうございました。
ここに改めて御礼申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願いします。
 
また、大腸の内視鏡の検査にはご経験者の方から思った以上にたくさんの反応を頂き驚きましたが
それだけ内視鏡も特別な検査ではなく、一般的な検査になっているということかもしれませんね。
そんなわけで、この連休は特に予定を入れていなかったので、毎年秋恒例の行事となっている
チューリップの球根植えや夏物の衣服の整理、冬物との入れ替え等をしながら過ごしました。
 
土曜日はほとんど何もする気が起きない状態でしたが、お天気も悪かったのでラッキーと言えばラッキーでした。
週間天気予報では土、日、月の3日間曇[曇り][雨]雨マークでしたが、2日、3日は天気が回復してよかったです。
やはり11月3日は[晴れ][晴れ][晴れ]晴れの特異日なんだな~って実感^^
 
 
土曜日は寝すぎるぐらい寝ていたので日曜日は朝6時起きでパンを焼き、朝食には焼き立てパンを食べました。
ネットで検索して見つけたコーヒーと牛乳を混ぜ込んだカフェオレレーズンパンです。
 
 
image.jpg
 
 
乾燥有機天然酵母を使って焼きました。
イーストよりも天然酵母の方が膨らみが若干控え目ということもありますが、
2次発酵がちょっと足りなかったかもしれないです(^^ゞ
ふかふかというよりも、もっちり、どっしりとした焼き上がりになってしまいました。 
 
パン用の焼き型がなかったので、パウンド型で代用。2本焼けました(*^^)v 
 
image.jpg
 
ともあれ、焼き立ては美味しいですね^^
 
  

あと1回分位天然酵母が残っているので、近いうちにリベンジをしなければと思っています。 


続きを読む


nice!(91)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

灼熱のモロッコ~フランスの旅 XXIV (マラケシュ@モロッコ その5 バヒア宮殿後編) [海外@モロッコ・フランス2014夏]

bIMG_5350.JPG

 

11月に入りましたね。今年もあと2か月です。早いですね~。


バヒア宮殿の続きです。素晴らしく美しい装飾をお楽しみください。

美しいゼリージュの水盤のある中庭にでてきました。この庭を囲むように部屋が造られています。
装飾、ゼリージュ、彫刻、細密画、どれも見事です。

bIMG_5339.JPG

 

bIMG_5334大.JPG
[ひらめき]

 

bIMG_5340.JPG


天井の細密画には圧巻です。

bIMG_5353.JPG


拡大してみて下さいね。とても可愛らしいお花が描かれています。

bIMG_5341大.JPG
[ひらめき]


同じ模様かと思ったのですが、ちょっと違いました。

bIMG_5343.JPG

 

アーチの下の施されたモノトーンの彫刻の美しさにうっとり~ため息がでます。

bIMG_5346.JPG

 

 

続きを読む


nice!(97)  コメント(44)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行