So-net無料ブログ作成
検索選択
海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋 ブログトップ

フランス ミディ・ピレネー地方へ! その7 (トゥルーズからアルビへ) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_2840.JPG
             トゥールーズからアルビへと向かう列車の車窓の風景


暫く間が空いてしまいましたが、フランス ミディ・ピレネー旅行記に戻ります。

この日、私はフランクフルトからフランス トゥールズへと飛び、
トゥールーズでギリシャのアテネから飛んでくる姪っ子と合流の予定です。
待ち合わせは到着ロビー。

私の飛行機はほぼ予定通りに到着。ドイツからフランスへの移動だったので、
簡単なパスポートチェックで到着ロビーへ。
到着予定の案内板を見ると、姪っ子が乗る予定の飛行機はなんと出発の時点で「delay」の表示。
合流した後は、列車で移動する予定になっているので、あまり遅くならないことを願いながら待ちます。

この時にレンタルのmobile wifiを使い過ぎてしまったようで
翌日だったか「データを使いすぎです。」の警告メールが来ました(冷汗)

姪っ子とは予定よりも当初の予定よりも40分程遅れて合流。
初めての場所での待ち合わせにドキドキでしたが、無事合流できてホッとひと安心^^
列車の時間があるので急いでトゥールズの町へと出る空港バス乗り場へ。
姪っ子がちゃんとチェックしてくれていたおかげで迷うことなく行けました。
バスに乗り込むとタイミングよく、すぐに出発[バス]でした。

バスはSNCF(フランス国鉄)のトゥールーズ・マタビオ駅前に到着。
駅でネットで購入していた列車の券を発券し、計画通りの列車に乗ることができました。
(これを逃してしまうと次の列車までかなり時間が空いてしまうので絶対に乗りたかったのです。)

bIMG_3955.jpgbIMG_3956.jpg

 

続きを読む


nice!(74)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フランス ミディ・ピレネー地方へ! その6 (Hilton Garden Inn@フランクフルト) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_2750.JPGbIMG_2748.JPG


フランスのトゥールーズに到着したところですが、フランス編に入る前にフランクフルトで私が泊まった
ヒルトンガーデンインのご紹介をしたいと思います。

ヒルトンホテルのビジネスホテルという範疇に入るのではないかと思うのですが
設備の整ったホテルでとっても快適でしたのでお勧めです。
私のようにフランクフルト空港から朝早く出発する際、または夜遅く到着する際に利用するには
もってこいのホテルだと思います。

お部屋はひとりで泊まるには充分な広さがありましたし、 

bIMG_2731.JPG 


バスルームも清潔で気持ちがよかったです。

bIMG_2733.JPG 

 

bIMG_2739.JPGbIMG_2738.JPG

 

ドイツ製品が使われていました。

洗面台は、「ビレロイ&ボッホ」。

bIMG_2740.JPG


水栓は、グローエ。

bIMG_2741.JPG 

トイレットペーパーとティッシュペーパーは、日本でもお馴染みのクリネックス。

bIMG_2742.JPGbIMG_2747.JPG

 

湯沸かし器もありました。
日本では置いてあるのが普通ですが、ヨーロッパでは以前比べると置いてあるところが増えましたが
まだ置いてないところも多いので、海外旅行の時は小さな湯沸かしポットを持参しています。 

bIMG_2735.JPG 

 

窓の外はアウトバーンでしょうか。

bIMG_2737.JPG 

 

フランクフルトですし、利便性がよいということで、ま、お手頃価格とはいえませんが、
空港に隣接している(雨が降っていても傘なしで移動できる)ホテルの中では
一番リーズナブルなお値段かと思います。私はBooking.comで予約をしました。

続きを読む


nice!(120)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フランス ミディ・ピレネー地方へ! その5 (トゥールーズへ) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_3911.jpg
                                           バスから見えた日の出

 

7時20分フランクフルト発の飛行機でトゥールーズへと向かいます。
絶対に寝坊はできないという気持ちが非常に強かったのでしょう、朝4時前に目が覚めてしましました。
少し早かったのですが、ここでもう一度寝たら絶対に寝過ごしてしまいそうだったので起きました。

前日買っておいたもので朝食。フルーツは昨夜の残り物(^^ゞ 

bIMG_3909フランクフルト朝食.jpg 


かなり早目でしたが、ホテルをチェックアウトして空港へ。
まだ歩いている人はまばらで、ゆっくりと歩いて15分程で空港へ到着です。

荷物はもう自動預け入れが当然のようになっていて、機械がずらりと並んでいました。
一応係員がいましたし、まだガラガラだったので親切にしてくれましたが
混雑時は慣れていないと大変そうです。

ゲートは一番奥でまだ暗く一番乗りでした。
私の後に数人バラバラやって来たのですが、表示が全然でないので、ひょっとしてゲートが変わった?
6時半になっても表示が出なければ確認しに行こうと思っていたら
私の同じように変だ?と思って確認に行っていたのでしょうご夫婦連れの旦那様が
 「Change!」と叫びながら戻ってきたので、 確認に行くとゲートが変わっていました(^^ゞ

以前も一度その時はツアーだったのですが、いつの間にかゲートが変わっていて
焦ったことがあったので、その時の経験が生きました。
アナウンスがあったとしても分からないので(笑) 

続きを読む


nice!(109)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フランス ミディ・ピレネー地方へ! その4 (フランクフルトの町) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_2793.JPG

 

ガイドブックを見た所、フランクフルト中央駅の前からトラムが出ていてそれに乗ると
旧市街の中心レーマー広場へは中央駅から2つ目です。 
時間が限られているのでトラムに乗って広場まで行き帰って来ようと思っていたのですが、
残念なことに、駅前のトラムは工事中で走っていなかったのです。

地下鉄でも行けそうだったのですが、地下に入って探すのも大変なので
レーマー広場の方に向かって、時間を見ながら歩き、行けるところまで行って戻ることにしました。

古い街並みが続きますが、古くからの建物は高さがほぼ揃っています。
ベンツのタクシー。ゆったりとして乗り心地がよさそうです^^

bIMG_2794.JPG 


その向こうには近代的は高層ビルが建っているのが見えました。

bIMG_2795.JPG 

 

続きを読む


nice!(122)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フランス ミディ・ピレネー地方へ! その3 (フランクフルト中央駅) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_2767.JPG
                 フランクフルト中央駅の正面


師走の京都旅行の記事が入り、始めた途端にご無沙汰状態になってしまいましたが
昨年の9月に行ったフランス ミディ・ピレネー地方への旅行記に戻ります。
トランジットで1泊したフランクフルトでの出来事です。


私が乗った電車はフランクフルト中央駅の地下ホームに到着。
(この電車は私が乗って来た電車ではありませんが同じような電車に乗って来ました。
降りて人の流れが無くなってから撮ったものです) 

bIMG_2766.JPG 


帰らなければならないので、周囲を確認しながら地上に出ました。

ホテルの部屋を出たのが6時位だったので、40分ほどでフランクフルト中央駅に到着です。

 bIMG_2772.JPG


こちらが市街地の方向です。

bIMG_2769.JPG 

続きを読む


nice!(122)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フランス ミディ・ピレネー地方へ! その2(乗継地 フランクフルトで) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_2749.JPG


羽田からの飛行機はフランクフルト空港にほぼ定刻か少し早目に到着だったと思います。

翌朝のトゥールーズへのフライトが朝7時20分と早いので、
空港に隣接しているホテルを探したところシェラトンとヒルトンが2つの計3軒あり、その中で一番安い、と言ってもフランクフルトなので決して安いとは言えないお値段ですが、空港の長距離列車の駅の近くにあるヒルトン・ガーデン・インというところに泊まりました。

正面の入口が高い方の普通のヒルトンです。 
ビジネス街の一角に設けられたホテルです。

bIMG_2748.JPG 

booking.comで予約をしたのですが、コメントのところにホテルの入口が
非常に分かり難かったというのがひとりではなく数人あったので、
地図をプリントアウトしてその地図を手にしてドキドキしながら行ったのですが、
私の場合は迷わずにホテルまで到着することができました。

同じビルにルフトハンザも入っているようです。 

bIMG_2753.JPG 

フロントでプリントアウトしたバウチャーを出すと、ちゃんと予約ができていたみたいで
すんなりと手続きがすみ、ホッと胸をなで下ろしました。

エレベーターは、入ろうと思えば入れますが、カードキーをかざさないと動かないタイプだったので
セキュリティー面もまあ安心です。

ホテルに到着したのが午後6時前で・・・どうしようかな?と思ったのですが
空港からフランクフルト市内までは電車で12分、日没は9月初めだと午後8時頃ということなので
思い切ってフランクフルト市内まで行ってみることにしました。

フランクフルト市内までの電車は近距離線なのでホテルからまた空港の方に戻らなければなりません。
ホテルからでてエスカレータを下りると真向いにスーパーマーケットが!

bIMG_2755.JPG 

一応営業時間を確認に行くと、なんと、営業時間が朝6時から24時までです。
食べ物は帰りにここで調達すれば良し!
ここであれば、遅い時間でもホテルから買い物に行けそうです。

bIMG_2757.JPG 


長距離鉄道の駅が近くにあるからか、空港とつなぐ通路には、
飛行機のチェックインカウンターが設けらえていました。


bIMG_2758.JPG

ただ、営業時間が朝7時からで、残念ながら私は利用できませんでしたが
列車から降りてすぐに飛行機のチェックインができるのは荷物を預けることができるので便利ですよね。 

bIMG_2759.JPG 

 

自動販売機の表示を英語にしてなんとか空港からフランクフルト市内往復のチケットを購入。

刻印機も改札もないのには驚きました。

(2016年9月5日夕方)

 

<追伸>

イタリアトスカーナの旅行で知り合った方と京都旅行中のため、

お返事、皆様のところへのご訪問が遅れます。ごめんなさい。


nice!(115)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フランス ミディ・ピレネー地方へ! その1(乗継地はフランクフルト) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]




イタリア トスカーナの旅行記、長い間のお付き合い本当にありがとうございました。
皆様のたくさんのnice!やコメントで何とか無事終えることができました。
振り返れば、あそはここは・・・というところも無いとは言えませんが^^;
自分用だけとしてだけだったら、ここまで纏めることはできなかったと思うので、
自分ながら感慨深いものがあります。 

ということで、次の旅行記となるのが今年の9月、
姪っ子と一緒に巡ったフランスのミディ・ピレネー地方の旅です。

今年の1月1日からラングドック・ルシヨン地方と統合し、
正式にはラングドック・ルシヨン・ミディ・ピレネー地域圏と
なっているようですが、主にトゥールーズ近辺を巡った旅となります。

飛行機がお好きな方でしたらトゥールーズはエアバス社の本社があるところですので
お聞きになったことがあるかと思いますが、ミディ・ピレネー地方と聞いても
一体どの辺りか想像がつかない方が多いのではないでしょうか。
で、いつものようにまずは地図で場所のご紹介です。
フランスの南西部、スペインとの国境近くのピレネー山脈の北側となります。
観光した場所はミントグリーン色のマークをしたところです。 

なぜ、ここだったのか。
ブルゴーニュ地方を旅して嵌ったロマネスクの芸術がトゥールーズ近辺にもあるということ。
そして城塞都市のカルカソンヌに行ってみたかったのです。
以前もご紹介したことがありますが、下記のガイドブックの存在が大きいです。

私のフランスの旅は、ほぼこのガイドブックを参考にしています。
新しい本ではありませんが、フランスの田舎を旅したい人には間違いなくお勧めの1冊です。

フランスの美しき村―コンプリート・ガイドブック

フランスの美しき村―コンプリート・ガイドブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2002/11
  • メディア: 単行本
 
 
 
 
 
 
 
 
 

続きを読む


nice!(105)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋 ブログトップ