So-net無料ブログ作成
検索選択
海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋 ブログトップ
前の10件 | -

フランス ミディ・ピレネー地方へ! その30 (キャピトル@トゥールーズ) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_3798.JPG


ジャコバン修道院へは一旦キャピトル広場に出てからの方はよさそうなので
再びレンガ造りの町並みの中を歩いて行きます。


ここは大学のようですが、修復中の門が立派ですね。

bIMG_3801.JPG


路地の向こうに塔が見えているレンガ造りの建物がジャコバン修道院です。
この修道院の塔も独特の形をしています。


bIMG_3802.JPG



キャピトル広場沿いにある建物のアーケードの天井にはこんな絵が描かれていました。

bIMG_3805.JPG

キャピトル広場まで来て、前日に姪っ子のお友達に会った時に
キャピトル(市庁舎)の内部を見学しようとしたら、こちらです↓(前回アップしたものと同じです)

bIMG_3427.JPG


入口の係員に、これから行事(確か結婚式だったかと)が始まるので見学はできないと
言われて諦めたので、一応入口まで行って尋ねると・・・


bIMG_3426.JPG
前日に[カメラ]撮影したものです)


あと1時間位なら見学できるということだったので・・・・ジャコバン修道院ではなく
こちらを先に見学することにしました。ここは無料で見ることができます。


続きを読む


フランス ミディ・ピレネー地方へ! その29(サン・セルナン・バジリカ聖堂 Ⅱ@トゥールーズ) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_3758.JPG



そんなわけ(有料エリアが開いていなかった)ので、次の目的地ジャコバン修道院へと向かうことに。
行く前にサン・セルナン・バジリカ大聖堂を外から眺めます。



大聖堂の塀沿いに掲げられた看板には大聖堂の成り立ちが書かれていたようです。
フランス語なのでサッパリ分かりませんが、図を見るとそんな感じでした。



bIMG_3752大.JPG

[ひらめき]クリックすると大きくなります



朝日を浴びた塔が真っ青な空に聳え立っています。
(内陣の一番奥東側になります)

後ろに邪魔なものがないのがいいです。
ヨーロッパの旧市街は大体大聖堂が一番高い建物という所が多いですね。




bIMG_3762.JPG


続きを読む


フランス ミディ・ピレネー地方へ! その28(サン・セルナン・バジリカ聖堂 Ⅰ@トゥールーズ) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_3722.JPG
市庁舎の裏にあったトゥールーズの観光案内所。


この日はトゥールーズ市内を観光し、夕方次の目的地であるカルカソンヌへと
移動する予定になっているので、朝早くから始動です。

先ずは一番早い時間(8時半)から開いている、サンセルナン・バジリカ聖堂へ行きます。


ホテルから市長舎のあるキャピトル広場を横切って行きます。


bIMG_3723.JPG


トゥールーズは、ミディ・ピレネーの中心都市であり、フランスでも6番目の都市だそうです。
ところが、石材に恵まれず、町を流れるガロンヌ川の川底の泥レンガを使って建物を建てています。
レンガ造りの建物が建ち並ぶ旧市街が夕日に輝く様子から、アルビの町と同様、バラ色の町と呼ばれています。

bIMG_3724.JPG


途中こんな看板を見かけました。
トゥールーズが繁栄するきっかけとなったブルーの染料「パステル」の木です。
黄色い花が咲くのですね~。
パステルはインディゴに取って代わられるまで青の染料の主力でした。


bIMG_3721.JPG






続きを読む


フランス ミディ・ピレネー地方へ! その27(サン・ピエール修道院@モワサック Ⅳ) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_3679.JPG



サン・ピエール修道院附属教会の内部です。


教会の中から南正面口を見るとこんな感じです。
木の扉が重厚な雰囲気です。


bIMG_3673.JPG



タンパンの説明の隣に教会の内部の説明も貼り付けてありました。


bIMG_3672.JPG



これを見ると現在の教会が9世紀から16世紀にかけて建てられたものであることがわかります。


続きを読む


フランス ミディ・ピレネー地方へ! その26 (サン・ピエール修道院@モワサック Ⅲ) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_3634.JPG



前記事の誕生日ランチの記事にお祝いのコメントをたくさんありがとうございました。
当日のタイムリーな記事から、暫く間が開きましたが、再び、昨年の秋の旅行記に戻ります(^^ゞ


回廊を見終えた後、附属教会の方へ移動です。

ここのところハッキリとは覚えていないのですが、写真を撮った順番から考えると
回廊から一旦外に出ることなく内部から教会の方へ行けたようです。


一段高いところから教会の内部、祭壇をながめます。
ステンドグラスはモザイク模様のようでした。


bIMG_3636.JPG







bIMG_3635.JPG



天井の交差ヴォ―ルトのリブの部分には模様が描かれていました。



bIMG_3643.JPG



続きを読む


フランス ミディ・ピレネー地方へ! その25 (サン・ピエール修道院@モワサック Ⅱ) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_3496 23 Babylon.JPG



モワサックにあるサンピエール修道院の回廊の柱頭の彫刻の続きです。


76本の柱頭の彫刻の中でも保存状態の良さそうなもので、綺麗に写っているものを

ピックアップしてみました。写真の羅列になりますf^_^;)



bIMG_3507 29 Jerusalem.JPG

↑ バビロンの都市を表したものらしく、下の部分は城壁のようです。

他にも同じような表現がありました。



bIMG_3540.JPG

bIMG_3541.JPG





bIMG_3543.JPG


続きを読む


nice!(108)  トラックバック(0) 

フランス ミディ・ピレネー地方へ! その24 (サン・ピエール修道院@モワサック Ⅰ) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_3452.JPG



まず回廊から見学です。


修道院でもらった説明書によると、修道院の起源は、カロリング王朝の9世紀に遡るそうですが、
11世紀、中世においてもっとも勢力のあったクリュニー修道院による修道院改革があり、
1047年に クリュニーから来た修道士(のちにトゥールーズの司祭)がモワサックの修道院長となり、
修道院の教会が再建され、40年たった1100年に回廊がロマネスク様式で完成したそうです。
柱頭は石灰岩で彫刻され, 円柱は大理石で造られたそうです。


また、モワサックは、ユネスコの世界遺産に登録されているサンティアゴ・デ・コンポステーラ街道(巡礼路)の
ル・ピュイの道の巡礼地のひとつとなっています。(四国のお遍路さんのキリスト教版のようなものでしょうか?)



bIMG_3454.JPG


向かって左側は聖アンドリュー、右側は聖フィリップ。


続きを読む


フランス ミディ・ピレネー地方へ! その23 (ロマネスクの彫刻が残るモワサック へ) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_3435.JPG
                                             SNCF トゥールーズ駅



伊勢旅行の旅行記が入ったので約1ヶ月程空きましたが、ミディ・ピレネー旅行記に戻ります。

前回はトゥールーズで姪っ子のお友達と会ったところまででした⇒こちら


クロアチアの旅行で教会の回廊の静寂の空間の美しさに魅了され、またその後の南仏、ブルゴーニュ旅行で
素朴でありながらグロテスクであったりそれでいて可愛らしかったりと不思議な魅力を持つロマネスク彫刻に
すっかりとりこになってしまったのワケなのですが、フランス南西部のトゥールーズまでやってきた目的のひとつは、
ロマネスクの彫刻はトゥールーズで生まれ、フランス最大のロマネスクの教会が残っているということを
旅行のガイドブックで見たからなのです。

そしてこの日の午後は、ロマネスクの彫刻の傑作と回廊があるというたモワサックへ行く予定になっていたので、
列車の発車時間ぎりぎりまでお友達との再会を楽しみ、駅でお別れしました。



駅の近くを流れるミディ運河です。

bIMG_3432.JPG


ミディ運河は、トゥールーズと地中海の港町セートの間240キロを結ぶ水路で、
17世紀に建設され、その後南仏の交易と商業は躍進を遂げたそうです。
1996年に世界遺産に登録されています。


bIMG_3417ミディ運河.JPG


続きを読む


フランス ミディ・ピレネー地方へ! その22 (アルビからトゥールーズへ) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_3402.JPG
                           アルビの街の夜明けの風景



まだサマータイム中だったからかもしれませんが、朝6時50分頃ですが暗いです。
起き抜けにホテルの部屋の窓から撮ったものです。
朝はかなりヒンヤリとするので、お部屋から撮れたのはラッキーでした。



続きを読む


フランス ミディ・ピレネー地方へ! その21 (アルビ第2日目終了) [海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋]

bIMG_3346.JPG
                     フランス国旗が掲げられているのでアルビの市庁舎かな?



桜の記事が入り暫く間が空いてしまいましたが、ミディ・ピレネーの旅行記の続きです。


コルド・シュル・シエルからバスで再びアルビに戻ったのですが、バス停では私達と同じバスで来た方が
既に待っていらして、アルビからの半日旅行としては一般的なもののひとつなのかな?と思いました。
もし、アルビに行かれる機会がありましたら、コルド・シュル・シエルまで足を延ばして見るのもオススメです。



夕食の食材を買ってホテルに戻りました。



続きを読む


前の10件 | - 海外@仏 ミディ・ピレネー2016秋 ブログトップ