So-net無料ブログ作成

フランス アルザス地方への旅 15 (ストラスブール⑦ サン・ピエール・ル・ジュヌ教会) [海外@アルザス2012X'mas]

bIMG_0452.jpg

カトリックの教会→豪華絢爛、プロテスタントの教会→質素というイメージがつきまといがちなのですが
ストラスブールには教会の名前は同じで全く逆の教会がありました。

地球の歩き方の地図には教会のマークだけでもその名前が出ていなかったのですが、
ストラスブールの観光案内所で買った日本語のマップに必見(一見?^^)の価値有りと
出ていたので観に行くことにしました。
元々はカトリックの教会だったのが1524年にプロテスタントになった「サン・ピエール・ル・ジュヌ教会」です。

bIMG_0454.jpg

 

ここの教会は11世紀にロマネスク様式で建てられ、その後ゴシック様式となり現在に至っているようです。

教会の壁に描かれたフレスコ画は14世紀のものとの記載がありました。

bIMG_6647.jpg

 

bIMG_6648.jpg

 

 

bIMG_6654.jpg


洗礼盤でしょうか。

bIMG_6620.jpg

 bIMG_6622.jpg

 

 

bIMG_0456.jpg

 

 

bIMG_6623.jpg

 

 

bIMG_6629.jpg


 

回廊もあり、中庭にはクリスマスの飾り付けがなされ、綺麗にライトアップされていました。

bIMG_6646.jpg

bIMG_6643.jpg

bIMG_6638.jpg


この尖塔がゴシック様式っぽいですね。

bIMG_6642.jpg


 

回廊にもフレスコ画描かれていましたが、剥げかかっているところに経てきた長い年月を感じます。

bIMG_6645.jpg


回廊から再び教会の内部に戻ります。

ノートルダム大聖堂のような派手さはないものの、心に響くようなステンドグラス。
もう外は真っ暗でしたので色はよくわからなかったのが残念でhした。

bIMG_6660.jpgbIMG_6656.jpg

 

bIMG_6657.jpg

 

(2012年12月20日夕方)


nice!(99)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 99

コメント 30

miyoko

ライトアップがきれいで素敵な空間ですね^^
アンティークな感じ?のシャンデリアもフレスコ画も美しいですね。
by miyoko (2013-03-14 01:08) 

獏

カトリックからプロテスタントへ
ロマネスクからゴシックへ
曰くの有りそうな歴史ある協会なのでしょうね。。。
雰囲気もなんとなくエキゾチックです(^w^)

by 獏 (2013-03-14 06:03) 

takenoko

私には教会はみんな同じように見えます。外国人から見たお寺、神社も同様でしょうね。
by takenoko (2013-03-14 07:26) 

yuzuhane

最後の一枚がいいですね。古びた壁にかすんだようなフレスコ画や、抑えめの色のステンドグラスに歴史を感じますね。ロマネスクカらゴシックへの変遷で尖塔は付け加えられたんでしょうか。色味が違って見えるのは夜のせいなのかな?
by yuzuhane (2013-03-14 07:40) 

YAP

どれもいい雰囲気で撮れていますね。
たしかにこれは必見です。
by YAP (2013-03-14 08:09) 

ソニックマイヅル

おはようございます。この雰囲気の中にいれば時を忘れてリラックスできそうですね。^^;
by ソニックマイヅル (2013-03-14 09:05) 

citron

ライトアップしたクリスマスの飾り付け、綺麗ですね。
教会の重厚 な雰囲気が素敵です^^
ずーとそこにいたくなるようなボーとしていたいような。
どこもとても美しいですね!
by citron (2013-03-14 09:43) 

aloha

中庭の飾り付け、素敵ですね。
テーマパークみたい、と言ったら、バチあたりでしょうか?(笑)
by aloha (2013-03-14 12:21) 

kuwachan

皆様、こんにちは。
ご訪問、nice1&コメントをありがとうございます。


♪miyokoさん
中庭をうまく利用したライトアップ綺麗ですよね。
古いものと新しいものとの融合が素晴らしかったです。
色褪せた感じがまたまたいい雰囲気だなと思いました。


♪獏さん
特にアルザス地方はドイツに近いのでプロテスタントへの改宗は
フランスの他の地域に比べ多かったのかもしれません。
色々な変遷が教会から滲み出ているように感じられますね。


♪takenokoさん
そう見えることもあるかもしれませんね。
特に同じ様式で建てられているものは分かり難いです。

by kuwachan (2013-03-14 12:40) 

kuwachan

♪yuzuhaneさん
フレスコ画の綺麗なところは多分改修したのだと思います。
もうほとんど見えなくなっている部分もありましたから。
でも、その擦れて見えなくなってしまったフレスコ画の方が
何だか味わい深く、教会の歴史を物語っているように思われました。
尖塔は仰る通り後からくっ付けられたものではないでしょうか。


♪YAPさん
ありがとうございます。
抑えめの灯りがより一層いい雰囲気を醸し出していたのですが
写真を撮るのは結構難しかったですね。
まだまだカメラの機能を生かし切れる能力がなく腕の方が追いつかなくて^^;


♪ソニックマイヅルさん
この教会は少し中心部から外れていて、夕方で訪れる人も少なかったせいか
静かにゆっくりと鑑賞することができました。


♪citronさん
教会の内部とは正反対のような回廊の斬新な飾りつけが印象的でした。
ライトアップされていたので昼間ではなく夕方訪れてよかったです。
そうですよね、長い歴史を感じさせてくれる重みのある雰囲気が素敵ですよね。
信者の方たちはここで静かに祈りを捧げるのでしょうね。


♪alohaさん
いえ、いえ、そんなことはないと思いますよ。雰囲気充分有りです
教会の内部とのギャップが大きかったので私もちょっと驚きました。
こんな飾りつけもステキだな~っと思いましたもの^^

by kuwachan (2013-03-14 12:49) 

koh925

確かに、一見の価値がある教会ですね
落ち着いた佇まいは日本人好みのように見えますが
by koh925 (2013-03-14 14:53) 

momiji

14世紀の建物ですか。
壁画も装飾もよくも保存して来れたものです。
by momiji (2013-03-14 18:54) 

ma2ma2

海外の教会って行ったことが無いので、是非行ってみたいです。
アルザスだとリースリングで作られたワインが美味しいのでワインと教会の旅も良さそうですね。
by ma2ma2 (2013-03-14 19:13) 

kuwachan

皆様、こんばんは。
ご訪問、nice!&コメントをありがとうございます。

♪koh925さん
大聖堂と比べるとこじんまりとしていますが
小さいながらも見どころの多い教会でした。


♪momijiさん
建物自体は14世紀よりも古いところもあるようです。
もちろん補修や改修、修復を重ねてきたとは思いますが
よく現代まで残っていたものですよね。


♪ma2ma2さん
所謂有名どころの教会は本当に素晴らしいですし
この記事の教会のように小さなところでも一見の価値があります。!
教会は建設された当時の最高の技術、芸術が集められて
建てられているところが多いので見どころがたくさんあります。
ワイン目的でしたらアルザスからブルゴーニュの方へも抜けられますよ^^

by kuwachan (2013-03-15 00:25) 

Loby

お早うございます。
サン・ピエール・ル・ジュヌ教会、普通の教会とは違った絢爛さがありますね。
それにしてもフレスコ画の見事なこと!
これを見るだけでも一見の価値はありますね^^b

by Loby (2013-03-15 04:23) 

yoko-minato

派手さはないですが、このほうが逆に
厳粛差を感じますね。
静かに見て回りたい・・・そんな雰囲気がいいですね。
by yoko-minato (2013-03-15 09:10) 

夏炉冬扇

こんにちは。
日本のお寺さんのことでいうと、質素な方が落ち着きます。キラキラと飾り立ててあるのはどうも…
by 夏炉冬扇 (2013-03-15 10:21) 

水郷楽人

やっぱり装飾がいいですね。ドイツ・フランス文化の接点、カトリック・プロセスタントの接点でもあるのですね。
by 水郷楽人 (2013-03-15 12:39) 

めい

素敵な建物ですね中も歴史を重ねた重厚さがあり見事ですね。
フランスは遠く行くチャンスがなさそうなので写真で満喫させて頂きました(^_^)
by めい (2013-03-15 14:09) 

リュカ

宗派が途中で変わる教会ってあるんだーって、ちょっとびっくりしましたが
考えてみたらありますよね(笑)
日本のお寺も宗派変わるのあるしww
フレスコ画とても味わいがありますね。
by リュカ (2013-03-15 14:47) 

ryuyokaonhachioj

クリスマスの飾りつけにライトアップで綺麗です。
写真も良く撮れてるので、良いです~。
それぞれにライトが当たり素敵な教会ですね。
by ryuyokaonhachioj (2013-03-15 17:42) 

ため息の午後

重厚な歴史の重みを感じる建物ですね。
鎧を着けた騎士がでてきそうですね(笑)。
by ため息の午後 (2013-03-15 21:51) 

hossy7

大きく紹介されてない所の様ですが、でもすごい迫力を感じます。。。
フレスコ画は14世紀だなんて、歴史を感じちゃいます(*VωV*)
by hossy7 (2013-03-15 22:04) 

kuwachan


皆様、おはようございます。
ご訪問、nice!&コメントをありがとうございます。


♪Lobyさん
歴史的に色々な変遷を重ねてきたので、
独特な雰囲気が生まれたのかもしれませんね。
これだけのフレスコ画が残っているところも珍しいなと思いました。
なぜ日本のガイドブックに取り上げられていないのか不思議です。


♪yoko-minatoさん
仰る通りだと私も思います。重厚感が感じられますよね。
ここはほとんど人がいなくて静かに見られました。
そこがまた印象に残っています。


♪夏炉冬扇さん
私も同じですね。
あまりにも色が鮮やかだったり、
金ぴかですと引いてしまいます。


♪水郷楽人さん
落ち着いた雰囲気にもセンスのある装飾が素敵ですよね。
宗教改革の嵐に揉まれたのかもしれませんね。


♪めいさん
ここの教会ストラスブールにある教会の中でも
珍しい作りになっているようです。
飛行機に乗ればフランスもひとっ飛びですよ^^
ちょっと長いですが(笑)

by kuwachan (2013-03-16 11:32) 

kuwachan

♪リュカさん
ウィキでちょっと調べてみたのですが、1524年というと
宗教改革のごく初期に宗派を変えているようです。
この地方はやはりドイツとの係わりが深かったからでしょうね。
日本はその辺アバウトっていったら怒られそうだけどあるよね。
このフレスコ画には期待していなかっただけに感動しました。


♪ryuyokaonhachiojさん
ここは夕方暗くなって行って正解でしたが
写真の撮影は大変でした^^;ボケボケ大量生産です。
デジカメで本当にたすかりました(笑)


♪ため息の午後さん
綺麗に改装されていないところが歴史を感じさせてくれますよね。
そうですね。突然姿を現しても違和感がないかもしれません(笑)


♪hossy7さん
ストラスブールは大聖堂があまりにも有名なので
日本のガイドブックでは大聖堂が中心になっています。
やはり現地の観光案内所の情報は貴重ですね。
14世紀、日本でいえば鎌倉後半~室町(南北朝)時代頃。
考えただけで凄いですね。

by kuwachan (2013-03-16 11:32) 

キャロロ

当時のヨ-ロッパ文化の水準の高さを感じずんにはいられませんね。
by キャロロ (2013-03-16 13:46) 

のら人

こんばんは。
ライトアップされて綺麗ですね。 ^^
こんな絵を観ながら、ワインを飲んでみたいですね。
by のら人 (2013-03-16 18:31) 

kuwachan

♪キャロロさん
こんばんは。
日本の同時代と比べるとそう感じますね。
実際かなり進んでいたのでしょうね。


♪のら人さん
向こうのライトアップは温もりが感じられていいなと思います。
その時のワインはやはり赤ワインでしょうか^^

by kuwachan (2013-03-16 22:14) 

あゆさこ

すばらしい教会ですねぇ。
シャンデリアの輝きが、教会の雰囲気の中で目につきますね。(*^_^*)
by あゆさこ (2013-03-17 21:48) 

kuwachan

♪あゆさこさん
派手さなないものの心に残る教会のひとつです。
クリスマスの飾りつけがステキでした。
by kuwachan (2013-03-18 12:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0