So-net無料ブログ作成

トリノで夏休み その46(サンタンブロージョ教会Ⅰ@ミラノ) [海外@伊トリノ2018夏]

bIMG_4539.JPG



サンタンブロージョ教会は、ミラノの司教であり、守護聖人でもあるアンブロシウス
(イタリア語名アンブロージョ)を祀る教会ですが、元々は386年にアンブロシウスが、
2人の若き殉教者を祀るために献堂し、自身がその11年後に没すると、
この殉教者達の傍らに葬られ、教会は聖アンブロシウスの名で呼ばれるようになったとのことです。


入った入口が西側の正面からではなく横の北側の入口だったので入ったところは側廊でした。
半円状の筒型ヴォールトがいかにもロマネスク様式っぽいです。


bIMG_4589.JPG


そしていきなり東端、西側の正面入り口から一番奥にある後陣が見えました。
半円蓋は黄金のモザイクとのこと。ロマネスクの初期の雰囲気があります。
内陣と後陣は9世紀に改築され、モザイクも何度も修復された形跡が見られるそうですが、
最古の部分は4世紀に遡るとか。


側廊と身廊との間のアーチの部分ですが、フレスコ画?が描かれていました。


bIMG_4540.JPGbIMG_4595.JPG

すぐ近くの柱頭には、ロマネスク様式によくある植物の柄の装飾が施されていました。

bIMG_4651.JPG


続きを読む


nice!(114)  コメント(24) 
共通テーマ:旅行

トリノで夏休み その45(ミラノのトリノ通りを歩く@ミラノ) [海外@伊トリノ2018夏]

bIMG_4516.JPG



ミラノ最古のロマネスクの教会であるサンタンブロージョ教会へと向かいます。
路地の向うにドゥオモが見えました。


銅像は本当によくあります。これは誰かしら?



bIMG_4517.JPG



トリノ通りを歩いて行きます。
トリノ通りは大きな通りでしたが、小さな通りにも建物に通りの名前が
貼り付けられているので助かります。


bIMG_4518.JPG




bIMG_4519.JPG


続きを読む


nice!(110)  コメント(25) 
共通テーマ:旅行

トリノで夏休み その44(ヴィットリオ・エマヌエーレ2世ガレリア@ミラノ) [海外@伊トリノ2018夏]

bIMG_4486d.JPG
[ひらめき]



ドゥオモの屋上テラスから下りて、ドゥオモの5つあるブロンズの扉の中央の扉で
「聖母マリアの生涯」を表したもの。
暫く待っていたのですが人が途切れず・・・^^;


bIMG_4487d.JPG
[ひらめき]



続きを読む


nice!(101)  コメント(28) 
共通テーマ:旅行

トリノで夏休み その43(荘厳なるドゥオモのテラスに上る@ミラノ) [海外@伊トリノ2018夏]

bIMG_4446.JPG


ミラノのドゥオモの続きです。
ドゥオモの内部の見学のあとは尖塔が間近で見られる屋上テラスの上ります。
入口は・・・と、出口と反対側にあるみたいなので、ドゥオモの外側をぐるりと回ります。

正面のファサードの装飾、素晴らしさはもちろんのことですが
周囲もびっしりと装飾が施され、完成に500年も掛かるのも頷けてしまいます。

黒っぽく見える部分はステンドグラスです。


bIMG_4445.JPG








bIMG_4451.JPG





bIMG_4449.JPG


続きを読む


nice!(103)  コメント(24) 
共通テーマ:旅行

トリノで夏休み その42(荘厳なるドゥオモへ入場@ミラノ) [海外@伊トリノ2018夏]

bIMG_4407.JPG



ドゥオモに一歩足を踏み入れると・・・・広々とした内部です。
この荘厳な建物を支える柱の太さも半端ではありません。



bIMG_4413.JPG
柱頭の彫刻も立派です。
bIMG_4414.JPG
bIMG_4440.JPG



続きを読む


nice!(101)  コメント(30) 
共通テーマ:旅行

トリノで夏休み その41(荘厳なるドゥオモ@ミラノ) [海外@伊トリノ2018夏]

bIMG_4377dai.JPG
[ひらめき]クリックすると大きくなります。


ミラノ中央駅から地下鉄に乗ってドゥオモへ。


ミラノの街の中心であるゴシック建築の傑作のひとつであるドゥオモ。
ゴシック建築の特徴でもある天を突き刺すような尖塔は135本を数えるそうで、
前回来た時には修復のカバーが掛かっていたドォオモですが
修復を終えたドゥオモは壮麗で素晴らしいですね。


14世紀の後半に着工され、この正面が完成したのは、19世紀初めナポレオンによってとのこと。
このドゥオモも他の有名どころの大聖堂と同様に建設は長期間に亘り、500年掛かっていますね。


bIMG_4378d.JPG
[ひらめき]


正面の部分は修復を終えたドゥオモでしたが、現在は横や後方の部分を修復していました。
歴史的な建築物を保存するには欠かせない作業なので仕方がないですね。



bIMG_4380.JPG



ウィキペディアによりますと一番高い尖塔の天辺には金のマリア像で、
他の尖塔天辺にいるのは聖人だそうです。
昔はマリア像よりも高い建物は建ててはいけないとされていたとのこと。


bIMG_4386.JPG



続きを読む


nice!(113)  コメント(24) 
共通テーマ:旅行

トリノで夏休み その40(第7日目 フレッチャロッサでミラノへ) [海外@伊トリノ2018夏]

bIMG_4338.JPG



旅も後半、第7日目です。

この日はフレッチャロッサでミラノ日帰りです。乗ったのはトリエステ行。

ミラノはツアーでイタリアの有名な観光地を回った時に一度来たことがあるのですが、

https://fumi-kuwachan.blog.so-net.ne.jp/2008-08-02
https://fumi-kuwachan.blog.so-net.ne.jp/2008-08-03

今回の旅行でガイドブックを見ていると、ミラノにもロマネスクの教会があることを知り、
その教会を訪ねたいと思っていたのです。
それと前回は、まあよくあることなのですが、ドゥオモのファサードが修復中で
カバーが掛かっていたので、そのリベンジも兼ねてです。
当初、ひとりで行くつもりだったのですが、添乗員さんがプランのひとつとして挙げて下さって
希望者を募ったのですが、結局希望者は私ひとりで、添乗員さんの助手の方と二人で行くことに。
おかげで助かりました。この日もポルタ・ヌォーバ駅から出発です。

bIMG_4340.JPG
トリノーミラノは、フレッチャロッサ[新幹線]で約1時間です。
ミラノへはイタロも走っていますが、フレッチャロッサの方が少し速かったと思います。

車内です。
2等席ですが、両側とも2列なので新幹線の普通席よりも座席がゆったりとしています。
ヘッドレストも付いていて、まるで飛行機のシートのようでした。
bIMG_4341.JPGbIMG_4343.JPG



続きを読む


nice!(100)  コメント(40) 
共通テーマ:旅行

トリノで夏休み その39(イヴレアで途中下車) [海外@伊トリノ2018夏]

bIMG_4312.JPG



路線バスに乗ってこコーニュからアオスタに戻り、
お天気に恵まれて素晴らしい景色を眺めることができ
思う存分楽しんだアオスタへの一泊小旅行も終了です。
ホテルで荷物をピックアップしてトリノへと帰ります。

途中、イヴレアで列車の乗り換え時間を利用してちょっと街を散策です。


ドーラ川です。
その向こうに見える塔の辺りが街の中心地とのこと。そこを目指します。


bIMG_4315.JPG


続きを読む


nice!(107)  コメント(33) 
共通テーマ:旅行

トリノで夏休み その38(コーニュの続き@グランパラディーゾ国立公園) [海外@伊トリノ2018夏]

bIMG_4269.JPG



ランチをしたところはこのホテルのレストランです。
ロケーションが素晴らしかったです。



bIMG_4271.JPG



目の前にグランパラディーゾです。
窓からもバッチリと見えました。

じゃんけん[手(グー)][手(チョキ)][手(チョキ)]で席を決めることになり、運よく私は、この景色を見ながらの

昼食となりました。


bIMG_4287.JPG



続きを読む


nice!(99)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

トリノで夏休み その37(コーニュ@グランパラディーゾ国立公園) [海外@伊トリノ2018夏]

bIMG_1523(1).jpg



第6日目です。この日も朝から多少雲があるものの青空が広がりました。
前日アオスタに宿泊し、この日はアオスタから路線バスに乗って
グランパラディーゾ国立公園にあるコーニュという町へ足を伸ばしました。


途中、いくつか山を越えて行ったのですが、こんなお城のような建物があったりして
車窓の景色も楽しみました。


bIMG_1522.jpg





bIMG_1524(1).jpg




グランパラディーゾ国立公園の位置はこちら。

アオスタの最初の記事(その31)で貼った地図をもう一度貼っておきますね。









続きを読む


nice!(101)  コメント(23) 
共通テーマ:旅行